新美有加フジテレビアナウンサー、松井愛莉、ASTROメンバー

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて配信中のオリジナルドラマ『エロい彼氏が私を魅わす』で主演を務める松井愛莉と、ドラマの主題歌「1番好きな人にサヨナラを言おう」を歌うASTROのメンバーが出演する『「エロい彼氏が私を魅わす」特別企画「松井愛莉×ASTRO 緊急対談」』が、7月5日(火)から配信されている。

同ドラマは、「社会的タブー」を真正面から扱った作品を多く手掛けたヒットメーカーとして知られる野島伸司が脚本を担当。“今どき女の子の結婚観”と“葛藤”を描いた恋愛ドラマで、結婚目前の主人公が、工事現場で偶然出会った男性に惹かれて葛藤していく姿を描き、家族や周囲がそれぞれの思惑で翻弄されあい急展開していくストーリーが、多くの反響を呼び話題となった作品。ドラマは現在、毎週火曜日24時35分から地上波フジテレビにて放送されており、FODでは全話配信中。

今回の対談では、松井とASTROのメンバーであるジンジン、チャウヌ、ムンビン、ラキ、ユンサナが、主題歌「1番好きな人にサヨナラを言おう」に込めた思いや、楽曲から受けた印象について語るほか、キャストそれぞれの恋愛観や結婚観に迫る「究極の二択コーナー」といった企画に挑戦。

松井は、野島が作詞を担当し、ドラマの内容と歌詞がリンクする部分が多くある同曲について、「歌詞の内容が意味深で、(サヨナラを言う)一番好きな相手はどっちなのか? ストーリーが進むにつれ徐々に主題歌と物語が重なり合っていきます」と紹介。ASTROのメンバーは「ASTROが歌う日本の曲の中で一番好きな曲です!感情を大切にして集中して歌った。悲しい曲というのは、歌っている側が感極まって歌うよりも、そうではない歌い方をした方がもっと感情が伝わると思いました。日本語がまだそこまで上手ではないですけれども、上手く感情が伝えられるように発音にも気を付けながら頑張って歌いました」と曲の感想や、歌い手として向き合う姿勢や思いを語る。

「究極の二択コーナー」では、ドラマの重要なテーマとなっている、自分が“タフな男子か、エリート男子か”を、ASTROメンバーが、AかBの札を挙げて答えていく。メンバーたちの誠実な答えに対し、松井はパーフェクトな答えだと感嘆。ASTROメンバー同士のやりとりから仲の良さが垣間見える対談となっている。

さらに、恋愛にまつわる究極の二択について「結婚するならどちらが良いか」という基準で回答するよう出題。“ほとんどしゃべらない人orずっとしゃべっている人”、“お金にルーズな人or時間にルーズな人”、“甘えさせてくれる人or甘えてくる人”など、松井とASTROメンバーの結婚や恋愛の価値観、考え方を丸裸にするような質問を投げかける。普段は見ることが出来ない結婚観について語る松井とASTROメンバーの素顔は必見となっている。

<あらすじ>

境野仁美(松井)は、誰もがうらやむ彼氏・明石圭吾(結木滉星)と結婚間近。証券マンで収入も良く、高学歴で、優しくて、見た目も良い、いわゆる優良物件。このまま晴れてゴールインだと思っていたが、偶然街中で出会った甲斐まなぶ(笠松将)のニッカポッカ姿でドリルを持つ太い筋肉と滴る汗に、仁美はドキドキが止まらない。学歴も収入も圭吾より劣るが、仁美はまなぶが気になって仕方がない。これってマリッジブルー? 一瞬の気の迷い? このまま結婚していいの……。私が選ぶのは“人としての色気”か“条件面”か?