「“公認”っていう言葉は失礼」モノマネ芸人・JPの持論に和牛・川西も共感
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、和牛・川西賢志郎さんとJPさん。ここでは、JPさんがモノマネに対する持論を語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)JPさん、川西賢志郎さん

◆JPが“公認”を求めない理由

JP:僕、ずっと思っていることがあるんですけど、“公認”っていう言葉は失礼やなって思っているんですよ。

川西:そういうもんなんや。

JP:僕は“公認ってなんやねん”って思っているタイプのモノマネ芸人なので。周りに(好意的に)まとわりつかせていただければ、それでいいかなと思っています(笑)。

川西:それは興味深い話やね。モノマネ芸人さんって、公認があったほうが安心してモノマネができるってところがあるじゃないですか。

JP:それは確かにありますね。

川西:JPくんの考えでは、モノマネっていうのは、されている側が「やめてくれよ!」って煙たがられるぐらいのほうが、適度な距離感ってことね?

JP:そう! そういうことです! さすが反芻動物ですね。僕の言いたいことをちゃんと咀嚼して言葉にしてくれますね。

川西:絶妙にうまいコメントを返してくるやん(笑)。たしかに俺、言葉を反芻する癖があるわ。それで和牛やもんな(笑)。

JP:(笑)。ちなみに僕、農業高校出身なんですよ。

川西:そうなん!?

JP:なので、ご縁があったんだろうなって思っています(笑)。

川西:“農業高校→牛→和牛→川西”ってたいぶ辿ったけどな(笑)。

JP:辿り着きました(笑)。

川西:でも、なんとなくその距離感を大切にしてるっていうのは面白いね。

JP:ただ、そう言ってるわりにはガラスのハートなので、煙たがられると“大丈夫かな?”ってソワソワしてしまうんですけどね(笑)。

川西:そっかそっか。適度に嫌がられることを求めてはいるけど、それを超えたら気にしちゃうと。

JP:そうです!

川西:だけどさ、モノマネ芸人さんも“芸人”っていうカテゴリーやから、みんなその距離感で付き合ってくれるよな。

JP:お笑い芸人さんはそうなんですけど、俳優さんとかになってくると「バカにしてんのか?」って捉える人もなかにはいるので、そこは非常に難しいところなんですよ。

川西:たしかに! 気を遣うよね。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

7月4日(月)早見沙織さん×TK from 凛として時雨さん

7月5日(火)藤木直人さん×岡崎体育さん

7月6日(水)萩原聖人さん×林原めぐみさん

7月7日(木)足立梨花さん×入来茉里さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

<番組概要>

番組名:TOKYO SPEAKEASY

放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00

番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/