カロッツェリア製のスカイライン! 冒険的なプロジェクトにより産み出された、今なお魅了されるクーペシルエット|1962年式 プリンス スカイライン スポーツ・クーペ Vol.1

スカイラインは日本のクルマ好きにとって、特別なブランドであることは間違いない。

1957年4月、富士精密工業のセダンとして初代プリンス・スカイラインがデビュー。

61年2月に社名をプリンス自動車工業に変更した後は、名実ともにプリンスの屋台骨を支える

主力モデルとして進化していく。2代目S  50系時代の66年8月には、プリンスと日産自動車が合併。

日産スカイラインとして3代目C 10系、4代目C110系、そして5代目C210系と、それぞれ個性的なモデルが次々に登場。スカイライン物語は続く。

【1962年式 プリンス スカイライン スポーツ・クーペ Vol.1】

 初代ALSIスカイラインを生み出した富士精密工業は、1961年2月に社名をプリンス自動車工業に変更した。その直後の同年4月に発売されたのが、流麗なイタリアンデザインのボディをまとったスカイラインスポーツだった。

 スカイラインは1957年のデビュー以来、1.5Lエンジンを搭載してきたが、そのシャシーを用いてイタリアのカロッツェリア(デザイン工房)にボディデザインを依頼することを計画。当時30代後半だった気鋭のデザイナー、ジョバンニ・ミケロッティに託すことになった。パワープラントはグロリア用の1.9L、GB4型エンジンを選択。もともと当時のスカイラインとグロリアはエンジン排気量の違う兄弟車であり、パワーに余裕のあるほうを選んだということだろう。

 イタリアに送られたシャシーをベースにミケロッティがプロトタイプをデザイン。ボディの製作はカロッツェリア・アレマーノが担当した。完成したクーペとコンバーティブルの2台のプロトタイプは、1960年11月に開催された第42回トリノショーで初披露され、現地イタリアのみならず欧州でも大きな話題となった。海外デザイナーにデザインを依頼する手法の先駆けとなったわけで、これに続く日本メーカーが後に何社も出てくることになる。

>>【画像24枚】メッキリングが付いた手の込んだデザインのメーター。左がエンジン回転計で5000rpmからレッドゾーン。右が速度計で160km/hまで刻まれている表示など

【2】に続く

1962年式 プリンス スカイライン スポーツ・クーペ(R21A-1)

SPECIFICATION 諸元

全長 4650mm

全幅 1695mm

全高 1385mm

ホイールベース 2535mm

トレッド前/後 1338 / 1374mm

最低地上高 210mm

室内長 1680mm

室内幅 1100mm

室内高 1315mm

車両重量 1350kg

乗車定員 5名

最高速度 150km / h

登坂能力 sinθ0.48

最小回転半径 5.4m

エンジン型式 G2型

エンジン種類 水冷直列4気筒OHV

総排気量 1862cc

ボア×ストローク 84×84mm

圧縮比 8.5:1

最高出力 94ps / 4800rpm

最大トルク 15.6kg-m / 3600rpm

燃料供給装置 シングルキャブレター

燃料タンク容量 40L

変速機 前進4段 / 後退 1段

変速比 1速 4.183 / 2速 2.642 / 3速 1.596 / 4速 1.000 / 後退 5.503

最終減速比 4.625

ステアリング形式 ウオーム&セクターローラー式

サスペンション前/後 ダブルウイッシュボーン・コイル / ド・ディオンアクスル・リーフ

ブレーキ前後とも ドラム

タイヤ前後とも 5.90-15 4PR

発売当時価格 185万円