巨人・平内龍太 (C) Kyodo news

○ 巨人 6 - 2 中日 ●

<13回戦・山形>

 巨人の平内龍太が4点リードの8回に登板し、1回を無失点に抑えた。

 前回登板のヤクルト戦で8-8の8回に登板したが3点を失い敗戦投手となった平内は、A.マルティネスを右飛、阿部寿樹にライト前に運ばれたが、高橋周平を中飛、石橋康太を三ゴロに仕留めた。

 28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた井端弘和氏は「この間打たれてしまいましたけど、また8回を投げさせてもらえているというところで、なんとかモノにしてほしいなと思いますね。私の後輩ですので。昨年のドラフト1位と今年のドラフト1位で8、9回を締めるのはいいですよね」とエールをおくった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)