現役時代の山本昌氏(C)KYODO NEWS IMAGES

 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 中日-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏が、現役時代に当時監督を務めていた落合博満氏から言われたことについて明かした。

 山本氏は、落合監督から「僕らもよく言われたんですけど、1点取ってもらったら1-0で勝つのがピッチャーだよ。3点取ってもらったら、3-2で勝つのがピッチャーだよ。取ってもらった点数を上回らせないのがピッチャーだと落合監督は僕らに話していましたけどね」と口酸っぱく言われていたという。

 「そのなかでドラゴンズもチーム打率が最下位で優勝したこともありますし、そのへんの考えは僕らはもって投げていましたね」と、点数によってどのように打者を抑えて勝っていくか考えていたようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)