親になってみて初めて、「予防接種」ってこんなにあるのか!と驚かれた方も多いと思います。何歳までに何を打たなければならないのか、一度に何個打てるのか……。

誰もが戸惑うはじめての”予防接種あるある”を、パンナさん(@panna_mapa)が育児漫画にしてInstagramに投稿されています。

生後二ヶ月初めての予防接種が印象的だったので、レポートがわりにあるあるにしてみました!
たまに泣かない赤ちゃんがいるらしいんだけど信じられないですw
みんなのとこは泣いた?それともコレからかな!
よかったらコメントで教えてください!
(@panna_mapaより引用)

はじめての”予防接種あるある”、みなさんはいくつ当てはまったでしょうか?

一度に4種類も打てるなんて、忙しい親にとっては助かる反面、ちょっと怖いですよね。筆者は昔、2種類同時に打たれるのにもドキドキしちゃって、先生から「ちなみに今日、〇〇も打つこともできるわよ」と追加提案されたのですが、親の方がビビっちゃって「今日は2つで大丈夫でーす」とお断りしてしまった記憶が(汗)。

また、筆者の経験上、定期的に手帳をチェックしておかないと、うっかり接種期間を過ぎてしまった‼なんて事も。特に、小学生になってからの予防接種は忘れてしまいがちなので要注意ですね。

多くの共感を得た”予防接種あるある”。投稿者のパンナさんにお話をうかがいました。

投稿者さんに聞いてみた

―― Instagramで絵日記を投稿されるようになったきっかけや理由があれば教えてください。

子供の頃から漫画家になるのが夢だったので、もう一度漫画を描いて見ようと思ったのと,子供の成長を記録したり将来子供に見てもらいたいと思ったからです。

―― こちらの投稿が多くの反響を集めたことについて、率直な感想をお聞かせください。

すごくニッチなテーマであるあるを描いているので、正直わたしだけだったらどうしよう!と思っていましたが予想以上に沢山の方に見ていただき、とても嬉しく思っています。これからもニッチなあるあるを描きたいです。


注射をされる前から泣く子もいれば、打たれた瞬間に泣き叫ぶ子、打たれてから数秒後、時間差で泣き出す子など、子どもの反応もさまざま。小さいうちは泣いてしまう子が多いと思いますが、成長するに連れて、お子さんだけでなく、親御さんも逞しくなっていくのだと思います。

まだまだ続く予防接種。親子一緒に頑張ってくださいね!