村上春樹「『村上なんたら』はないですよね」…2人連れのおじさんに呼び止められた話
作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの音楽番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00~19:55)。6月26日(日)の放送は「村上RADIO ~村上の世間話2~」をお届けしました。

2021年11月28日(日)に放送した「村上RADIO~村上の世間話~」に続く第2弾。村上さんが自身の身に起こった最近の話から、旅先でのエピソード、大好きな野球にまつわる話から小学生時代の思い出話まで、楽しくてちょっと笑える「村上さんの世間話」を、ジャンルレスなグッドミュージックとともにオンエアしました。

この記事では、「世間話③ 村上なんたら」についてお話された概要を紹介します。

「村上RADIO ~村上の世間話2~」

<世間話③ 村上なんたら>

僕は朝に家の近くを走っているんですが、この前走っているときに、2人連れのおじさんに呼び止められまして。まあ、おじさんといっても僕より年下だと思うんだけど。「このへんに村上なんたらっちゅう作家の家があると聞いたんだけど、わかりますかね?」と訊かれました。で、僕は「さあ、聞いたことありませんねえ」ととぼけて、そのまま逃げたんだけど、そういうのってほんとに困るんですよね。

しかし、わざわざうちを探しに来るくらいなら、フルネームくらいちゃんと覚えてきてほしいと思いますよね。「村上なんたら」はないですよね。よほど村上龍の家を教えてやろうかと思ったんだけど……というのはもちろん冗談ですが。

ところで、朝早く近所を走っていると、同じ猫さんたちとよく顔を合わせて、けっこう顔見知りになります。「なんだ、朝早くからまたこのおっさんかよ」みたいな顔で見られたりしてね。ときどき呼ぶとやってきて、頭をなでさせてくれます。

ニャアアア(猫山)。

◆Amos Garrett「Rainy Night In Georgia」

エイモス・ギャレットの歌う「雨のジョージア」“Rainy Night In Georgia”。オリジナルはトニー・ジョー・ホワイトですが、ブルック・ベントンの歌で有名になった名曲です。

◆Robert John「Winner Take All」

ロバート・ジョンが1980年に発表したアルバム『Back on the Street』から「Winner Take All」。勝者は総取り、勝負に勝ったものが1人で全部かっさらっていきます。アメリカの大統領選挙なんかもそうですね。勝った候補者が、その州の選挙人をすべて獲得する。これは、友だちに恋人をとられそうになっていて、「そんなことは許さないぞ、Winner Take All方式で一発勝負しようじゃないか、負けた方は潔く去るんだ」と宣言する男の歌です。ま、いろいろ大変そうですね。がんばってください、恋人をとられないように。

<番組概要>

番組名:村上RADIO ~村上の世間話2~

放送日時:6月26日(日)19:00~19:55

パーソナリティ:村上春樹

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/