西武 山川穂高

◆ 田淵&秋山を抜く史上最速記録

 西武の山川穂高選手(30)が26日、敵地での楽天戦で今季23号のソロホームランを放ち、史上113人目となる通算200本塁打に到達した。

 両軍スコアレスで迎えた4回、相手先発・早川隆久がカウント2ストライクから投じた高めの変化球を強振。大きな弧を描いたアーチはバックスクリーン右の右中間席へ飛び込んだ。

 山川は「打ったのはチェンジアップかな、と思います。いや~、200号、めちゃくちゃ忘れてました。打席の中では相手投手に対して集中してますから。ホームランの後、ベースを回りながらベンチを見たら、あ、そうだった、って。打てて良かったです」と節目の一発を振り返った。

 通算697試合目での到達は田淵幸一氏、秋山幸二氏の714試合を抜く日本人最速。3年ぶり3度目の本塁打王へひた走る稀代のアーティストが歴史に名を刻んだ。

【実際の動画】祝200本塁打!山川穂高のメモリアルアーチ

㊗️通算200号㊗️

\#山川穂高 697試合目での達成は

なんと日本人最速🎊🎊

⚾#プロ野球(2022/6/26)

🆚楽天×西武

📱Live on #DAZN#RakutenEagles #NPB#seibulions #NPB pic.twitter.com/YB9SsTia3T— DAZN Japan (@DAZN_JPN) June 26, 2022