上位はガンダムとDBとプーさん! 週間人気記事(6月17日~23日)

今回もアニメージュプラスの人気記事ランキングをお届けしよう。

集計期間は2022年6月17日から6月23日だ。

世間の動き。ロシアのウクライナ進行はいまだ続いている。

新型コロナウイルス関連。東京都の新規感染者数で見ると、土曜日以降全ての日で前週の同じ曜日より増加。また新たな波が来ているのだろうか?

映画ランキングでは『トップガン マーベリック』が1位に返り咲き。興収56億円で,先行していた『シン・ウルトラマン』(今週4位)の38億円を抜いた。

『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』は今週7位で興収は89.3億となっている。

それでは20位から10位まで、カウントダウン!

<6月17日~6月23日>

【20位】

映画公開直前にローソンで『ゆるキャン△』三昧♪ 中部エリアではコラボフードも

【19位】

『先輩、断じて恋では!』金田が想いを爆発させるシーンに可愛いの声が殺到!

【18位】

ガンダムの躍動感を紙素材で表現! 立体パズル「Paper Art si-gu-mi PRO」

【17位】

十勝のむヨーグルトが『おそ松さん』まみれに!輝く果実味を再現!?

【16位】

『ドラゴンボール超』ジオラマフィギュアの決定版・ドラカプが帰ってくる!

【15位】

『スプリガン』第六話/青山剛昌、藤田和日郎から応援イラストが到着!

【14位】

『パリピ孔明』最終話 ブーイングの嵐!? 英子の歌は民草に届くか

【13位】

ガンダムの懐かしい雰囲気を目指した『ククルス・ドアンの島』の美術

【12位】

『SPY×FAMILY』第11話 ちちと社会貢献!

【11位】

マジで撃てる「ギガストラッシュ」!?『ダイの大冒険』”ダイの剣” が現世に顕現!!

19位はBLドラマ『先輩、断じて恋では!』の、SNSの反応をまとめた記事。先行カット記事より反応まとめ記事の方が人気が高いのは「トゥンク」シリーズ第1弾『不幸くんはキスするしかない!』譲りである。

12位は『SPY×FAMILY』の先行カット記事。

『SPY×FAMILY』は世間的には評価が高い作品だと思うのだが、この週のランキングでは上位までは届かなかった。

11位は『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』に登場するダイの剣を再現したアイテム。全長約97センチ、1/1スケールで発光ギミックも搭載されている。

『ダイの大冒険』は毎週先行カット記事も掲載しているのだが、本放送を見ていれば普通に予告が見られるので、そちらの閲覧数はあまり伸びない。だが作品自体の人気はある、というのが、こういうグッズ記事のランクインで示される感じになっている。

少し前の話になるが、7月から放送予定のアニメ『よふかしのうた』のオープニング曲がCreepy Nutsの『堕天』に決まった。そしてエンディングは『よふかしのうた』となる。

原作漫画『よふかしのうた』は、Creepy Nutsの楽曲『よふかしのうた』から着想を得て描かれたという。今回のエンディング曲はいわば「原曲」である。

主題歌をCreepy Nutsが担当すると発表された時点で,何らかの形で『よふかしのうた』原曲をフィーチャーしてくるのではないかとも予想はされた。エンディングというのは非常によい落とし所なのではないだろうか。

それでは10位から1位まで、カウントダウン!

<6月17日~6月23日>

【10位】

絶対喜ばれる!おみやげに最適な『くまのプーさん』スイーツを紹介♪

【09位】

出会えたらラッキー!『くまのプーさん』ショコラサンド缶が可愛い!

【08位】

安彦ガンダムを見事に成立させた『ククルス・ドアンの島』の作画術

【07位】

【ガンダムR作戦】エコプラ『ガンダム』をパルコで無料配布

【06位】

【ガンダム】シャアの名台詞「坊やだからさ」をモチーフにしたアパレル!

【05位】

2層構造&追加彩色!「ドラゴンボール ラバマスARTグミ」&6月20日の食玩

【04位】

『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』監督が語る新たな表現との格闘

【03位】

PARCO×ガンダムイベント限定ガンプラ登場! グランバザール特典も

【02位】

『機動戦士ガンダム0083』に刻まれた究極の作画とトップスタジオの萌芽

【01位】

ガンダム『水星の魔女』ティザー第2弾!あらすじ&キャラクター・MSも!

お気づきかと思うが、今回の上位10本、ざっくり分けると『くまのプーさん』と『ドラゴンボール』と『ガンダム』のみである。

映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』は映画ランキング初登場1位で今週2位と好調、『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は3位→7位→8位とこちらもヒットしており、世間的に注目が高まっているせいもあるだろう。

厳密に言うとガンダムの記事はガンプラが7位と3位、『ククルス・ドアンの島』8位、初代アニメ版グッズが6位、『0083』の読み物記事が2位と、実は作品ではバラバラである。ただ、この幅広い作品群が「ガンダム」とひとくくりにされることも、ガンダムの強みではあると言えるだろう。

4位の『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の記事は先週4位、集計のタイミングによってはもう1つぐらい順位が上げられる感じであった。

そんな今回の1位は新作アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の情報。ガンダムのTVアニメシリーズでは初めて女性キャラが主人公となる本作、色々な意味で注目度が高かったものと思われる。

今回のランキングはいかがだっただろうか。では次回のランキングをお楽しみに。