「カミングアウトを強制しないで」親に自分のジェンダーを話していない10代の声
ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。毎週月曜にお届けしている「SOCIAL LOCKS!」のコーナーでは、生まれた環境のこと、性のこと、障がいのことなど、周りとの“違い”について悩んでいるさまざまな10代の声を届けています。

6月20日(月)の放送では、自分のジェンダーについて、まだ親には話していないというリスナーのメッセージを紹介。パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭が、それぞれの事情に寄り添うことと、当事者だけでなく世の中が理解すべきことについて語り合いました。


こもり校長とぺえ教頭


◆リスナー(17歳/高校2年生)から届いたメッセージ
――カミングアウトすることが、正解だとは思わないでほしいです


僕は体は女性ですが、性の自認は女性と男性の中間の中性です。ずっと自分のジェンダーは女性なんだと思い込んでいましたが、中学3年生のときに、女子生徒でもスラックス、いわゆるズボンの制服を選択できるようになったことがきっかけで、「本当はスカートが嫌でスラックスがいい」「女性でいたくない」「自分は男性寄りなんだ」と自覚するようになりました。

いまは高校に入り、自分のジェンダーについて先生には伝えています。学校で着替えるとき、女子生徒のなかで着替えることが嫌だったからです。今は1人、保健室で着替えをしています。

その中で、いま悩みがあります。それは、先生たちが自分のジェンダーを親に伝える、いわゆる“アウティング”をしようとしたり、自分のジェンダーのことを親に話すように言ってきたり、話せる場を作ろうとしていることです。

僕は自分のジェンダーのことを、親に話したことがありません。家にいるときは好きな服を着られるし、不便に思うことはありません。なので、いまは親に伝えなくてもいいと思っています。いつか伝えたいと思える日がきたら、自分のタイミングで話そうと思っています。

たしかに、カミングアウトすることで、自分らしく過ごせるようになるのは素敵なことだと思います。でも、カミングアウトすることが、正解だとは思わないでほしいです。自分が不便に思わない環境であれば、しなくてもいいと思います。そしてカミングアウトの強制は、しないでほしいです。

◆こもり校長とぺえ教頭が思うこと
――10代だけでなく、この声が大人にも届いてほしいな



こもり校長


こもり校長:僕は、多様性という言葉を使うことに対しては疑問を持っているんだけど、ボーダレスな世の中にしようという活動を否定するつもりはないんだよね。今回話してくれたように、みんなが自分らしく過ごせるのは本当に素敵なことだから賛成なんだけど……。

なんだか、世の中がその多様性を求めることによって、それが強要っぽくなっちゃうことがあるって思うというか。今回話してくれた状況って、いまの時代の狭間にいる感じがするんだよね。

ぺえ教頭:そうね。もちろん、いろんなセクシャルを認めてほしい、という気持ちはあるんだけどね。カミングアウトをすることが正解じゃない子もいるだろうし。自分のジェンダーは、自分で切り拓いてほしいものだしさ……強要されるものでもないしね。

特に親へのカミングアウトって、私もどうしても自分の口から伝えたかったからね。先生も良かれと思って、お父さんやお母さんに伝えようと思ったのかもしれないけど……そこは本人ともう少し話した上で、考えてほしかったかな。

こもり校長:そうだね。いまの10代だけでなく、この声が大人にも届いてほしいなと思うよね。

ぺえ教頭:でも、そういうときなんだろうね。さっき校長も言っていたけど、本当に狭間の時期なんだろうね。“いろんな年代の人が理解しないといけない”という、本気の段階にたどり着いてきた気がするね。

こもり校長:そうだね。声を届けてくれてありがとう。


ぺえ教頭


「SOCIAL LOCKS!」では、さまざまな声を募集しています。わかってほしいのにわかってもらえないことや、「もっとこうなればいいのに」と思っていることがあれば、番組の特設サイトまでお寄せください。

超ダイバーシティ芸術祭「True Colors Festival」の新プロジェクト「True Colors CARAVAN」にて、「SCHOOL OF LOCK!」が「SOCIAL LOCKS!」の課外授業をおこなっています。第1弾は5月に名古屋で、第2弾は6月19日(日)に広島で開催されました。当日のレポートは「SOCIAL LOCKS!」の特設サイトをご確認ください。

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/