Dragon Ash・Kj、2012年に急逝したメンバーIKUZONEへの思いを語る「あの人がいなければDragon Ashはない」
木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。6月のゲストには、Dragon AshのKjさんが登場。2022年1月にリリースした木村のセカンドアルバム『Next Destination』に、Kjさんが楽曲「OFF THE RIP」を提供したことで、今回の対談が実現しました。6月19日(日)の放送では、Dragon AshのオリジナルメンバーでベーシストのIKUZONEこと馬場育三さんへの思いを語りました。



◆Kj「あの人がいなければDragonAshはない」
10代のときにDragon Ashとしてメジャーデビューを果たすも、デビュー当初は葛藤や苦労があったことを前回の放送で赤裸々に語ってくれたKjさん。1999年発売のサードアルバム『Viva La Revolution』は180万枚以上を売り上げる大ヒットとなり、デビュー25周年を迎えた今もなお第一線で活躍しています。

デビューから15年を迎えた2012年の4月、オリジナルメンバーのベーシストIKUZONEさんが急性心不全のため46歳という若さで急逝。

木村が「実際、現実としてバンドメンバーが他界してしまうっていうのは……経験者しかわからないんだろうな。自分は、まだこういう経験がないから……」と話すと、Kjさんは「なんて表現していいかわからないけど……」と声を落としながらも、生前のIKUZONEさんについて口を開きます。

「特に、亡くなる前にやった最後のライブが……。IKUZONEが一番愛していたROTTENGRAFFTY(ロットングラフティー)っていうバンドがあるんですけど。俺らよりもちょっとお兄さんの世代で、ずっと売れない時期にIKUZONEがプロデュースしたり、ライブを(一緒に)やったりしていて。そのROTTENGRAFFTYっていうバンドがワッと売れてきて、初めて『ツーマンでDragon Ashを呼ぶ』って言って呼んでくれて。東京・渋谷のO-EAST(現・Spotify O-EAST)でツーマンライブをしたんですよ。その後、最高の打ち上げをして。本当に一番いいところで着地したっていうか。最高の夜が、(IKUZONEさんにとっての)最後のライブだったんですよね」と振り返ります。

「なので、それも寂しかったし、今思うと、その最後の最後までスーパーロックベーシストとしていれたのは、バンドマンとして最高なんですけど。残された自分たちはね……みんな子どもで、馬場さんがイチからバンドマナーや服の着こなし、ライブのときの動きとかを教えてくれていたようなものなんで……。もう確実に、あの人がいなければDragon Ashはないですし。今だからこそ『ありがとね』っていう言葉が出てくるんですけど、そのときの俺たちは 『いやいやいや……ひとりで逝っちゃわないでよ』っていう感覚のほうが大きかった」と告白。

「あと、ファンが悲しかったと思う」とKjさんが語ると、木村は「絶対にそうだと思う」とうなずきつつ、「ファンもそうだけど、当事者であるバンドのメンバーっていうのは……でも今、何のつっかかりもなく『ありがとう』っていう言葉が出てくるのが、一番の関係性じゃないかなぁとも思う」と話しました。

次回6月26日(日)の放送も、引き続きKjさんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/