トヨタ・スズキ

 トヨタとスズキは6月24日、スズキが開発した新型SUVを初めてトヨタ・キルロスカ・モーター(以下、TKM)にて2022年8月より生産を開始すると発表した。同車両はインド国内のマルチ・スズキ・インディア、TKMでそれぞれスズキ、トヨタのモデルとして販売される。


発売モデルは「マイルドハイブリッド」「ストロングハイブリッド」をパワートレインとして搭載


 両社は2017年、業務提携に向けた覚書を締結、トヨタが持つ強みである電動化技術と、スズキが持つ強みである小型車技術を持ち寄り、生産領域や電動車の普及等での協業に取り組んできた。今回の協業は、業務提携に基づき進めてきたグローバルでの車両のOEM相互供給の一環。



 インドで販売する両社の新型SUVは、スズキ・トヨタそれぞれの開発した技術として「マイルドハイブリッド」「ストロングハイブリッド」がパワートレインとして搭載される。協業を通じて両社の強みを持ち寄り、ユーザーへ幅広い電動化技術を提供することで、インドにおける電動化の加速と、カーボンニュートラル社会の実現に向けた取り組みを推し進める。また、同モデルは両社ともに、アフリカを含めたインド国外への輸出が計画されている。


関係者コメント

トヨタ 豊田章男社長のコメント


 「インド事業を地元密着で長く取り組んでいるスズキさんと新型SUVを発表できることを嬉しく思います。現在、自動車産業は、電動化やカーボンニュートラルなど、様々なチャレンジに直面しています。トヨタ、スズキそれぞれの強みを活かして、インドのお客様に様々な選択肢をご提供することで、CO2削減に貢献し、“誰も取り残さず”、“みんなが自由に移動できる社会”の実現を目指していきたいと思います」。


スズキ 鈴木俊宏社長のコメント


 「今回の新型SUVのTKMでの生産は、環境にやさしくお客様に必要とされるモビリティの提供を通じて、インドの成長に貢献することができるプロジェクトです。将来の協業の更なる深化に向けた大きなマイルストーンであると認識しております。トヨタさんからの支援に感謝申し上げると同時に、引き続き協業による新たなシナジーやビジネスチャンスを模索してまいります」。