世界で最も美しいレース「ミッレ ミリア」|2022年のスタートを現地からレポート

イタリア、ロンバルディア州にある都市ブレシア。イタリア全土を巡る公道レース「ミッレ ミリア」のスタート・ゴール地点として、クラシックカーファンにとってあまりにも有名な都市である。「ミッレ ミリア(1000マイル)」の名の通り、ここからローマ方面へ南下、そしてまた北上してパルマを経由し帰還する、およそ1600kmのルートが設定されている。

【画像】世界で一番美しく、そして過酷なイタリアのレース「ミッレ ミリア」(写真26点)

ミッレ ミリアは今年で40回目の開催を迎えた。スタート前夜の6月14日、ブレシア・エルブスコにあるシャトーホテル「ラルベレータ ルレ・エ・シャトー」に”ショパール・ファミリー”が集った。ショパールは1988年以来35年連続でこのレースのワールドスポンサーおよびオフィシャルタイムキーパーを務めている。そればかりか、メゾンのカール-フリードリッヒ・ショイフレ共同社長は、毎年ドライバーとしても参加しており、今年で34回目の参戦となる。

ラルベレータ ルレ・エ・シャトーに集ったのは、カール-フリードリッヒ・ショイフレ共同社長をはじめ、ショパールのアンバサダーであり盟友のジャッキー・イクス氏や、メゾンの顧客、チーム・ショパールとしてレースに参加するドライバーや各国のジャーナリストなど多彩な顔ぶれである。ここでのディナーは翌日から始まるミッレ ミリアの壮行会ともいうべきものだった。

ディナーの最中、カール-フリードリッヒ・ショイフレ氏は「皆さんのお楽しみを邪魔したくないので手短に」と断りを入れながら次のようにスピーチした。「この素晴らしい場所で、天候にも恵まれ、大切なときを共にできることをとても嬉しく思います。ミッレ ミリアは格別なイベントです。若い世代が参加していることも素晴らしいですね。私も今年は娘のキャロライン-マリーと参戦します。歴史、文化を紡ぐこのレースは、参戦し続ける価値があります。それでは皆さん、また明日、お目にかかりましょう」

チーム・ショパールがミッレ ミリアのスタートへと向かう

明けて6月15日朝、ホテルの玄関前には、カール-フリードリッヒ・ショイフレ氏が今年のミッレ ミリアで駆るストロベリーレッドの1955年 メルセデス・ベンツ 300SLを含めた計5台の車両が並んだ。準備を整えた一行は、レース前のシーリング・セレモニーが行われるヴィットリア広場へ向けて出発した。

快晴のもと、ヴィットリア広場にはスタートを午後に控えた車両たちが続々と入場し、活況を呈していた。6月にしては暑いほどの陽気の中、マシンから発する音や響き、人々の熱気が加わり、いよいよイベントのスタートが近づいてきたという高揚感が高まっていく。

車検合格後の車両の入れ替えなどの不正行為を防ぐために、ハンドルまわりにメダルを取り付け、ステッカーを貼る作業が行われる。車両によっては多くのメダルがぶら下がっており、これはその車両が何度もミッレ ミリアに参加したという歴戦の証である。

ちなみにメダルはプレーンなものを車内の必要箇所に装着。その場でプレスし、刻印することでその年のレース出場の証となる。

ヴィットリア広場にはジャッキー・イクス氏の姿もあった。彼は今年はレースには出場せず(例年イクス氏と共に参戦するカール-フリードリッヒ・ショイフレ氏は、今年は前述の通り娘のキャロライン-マリー氏と参加)、”1000 Miglia VIP Village”において、レース観戦に来たクラシックカー愛好家たちと親睦を深めていた。伝説のドライバーにこれほど間近で出会えるとは、ファンにとってはさぞ心躍る機会だったことだろう。

シーリングを終えた参加車両は、スタート前のランチをとるためにミッレ ミリア・ミュージアムへと向かった。ここで筆者にとって嬉しいハプニングが発生。筆者はヴィットリア広場で一行の出発を見送る側だったのだが、”チーム・ショパール”でフィアット1100をドライブするマーティン・シグリスト(スイスから参加のジャーナリスト)とジャン-リオネル・ディアス(フランスから参加のフォトグラファー)から、ランチ会場まで同乗しないかと誘われたのだ。願ってもないチャンスとばかりにリアシートに乗り込む。小さなフィアット1100に大柄な男性2名が体を押し込んでいる姿は少しユーモラスで、ドライバーのマーティンも「日本のK-Carみたいに可愛らしい車だろう?」と笑う。

ミッレ ミリア・ミュージアムに参加車両が続々と集合する。博物館級の車が、博物館の駐車場を占拠している様子に圧倒される。ここで参加者たちは午後のスタートに向けて英気を養っていた。

スタート地点、ヴェネツィア通りの様子

2022年のミッレ ミリアのエントリーリストには、カーナンバー1~440までが名を連ねている。400台以上の車両が1台ずつ、一定の間隔をおいて出発していくわけだから、最後尾の車両がスタートするまでには何時間もかかることになる。ヴェネツィア通りにあるスタート地点で声援を送る人もいれば、通りにカーナンバー順に並ぶ車両を撮影したり、座ってのんびりスケッチに興じる人もいる。観客それぞれがミッレ ミリアを楽しむ術を心得ているようだ。

4日間の美しくも過酷な旅

今回、筆者が実際に現地で取材をしたのは初日のみで、スタート前後の楽しく明るく鮮やかな様子をこの目で観ることができた。しかし実のところ、ミッレ ミリアの醍醐味はここからだ。楽しく美しいばかりがミッレ ミリアではない。13時30分にスタートした先頭車両が約300kmの行程を経て初日のゴール、チェルビア=ミラノ・マリッティマに到着するのは夜も更けた22時30分。全車両が到着するのは深夜になる。

2日目のスタートは6時10分で、ローマに到着するのは21時だ。3日目も早朝の6時45分にスタートする。約500kmを北上し、この日のゴールであるパルマには20時45分に到着。

最終日の走行距離は若干短く約150km。6時15分にスタートして、途中でモンツァ・レースサーキットに立ち寄り、トリッキーなタイムオートテストを行ったのち16時30分にブレシアへと帰還する。

もちろん天候はいつも快晴とは限らない。屋根のないバルケッタを含めた参加車両は突然の雨にも負けることなく、およそ1600kmを走破する。走行時は46台の白バイと6台のパトカーが随時エスコート。このラリーで行われるタイムトライアルは実に115回にも及ぶという、美しくも過酷なレースなのだ。

しかし過酷であるがゆえに、ゴールしたときの達成感は言葉にならないほどのものであろうことは想像に難くない。参加者の言葉を借りれば、道中は車が故障しないかハラハラし、早く終わってほしい、と祈るような気分だったはずが、完走した瞬間には翌年のミッレ ミリア出場を待ち望んでいるという。そんな抗いがたい魅力が、ミッレ ミリアにはある。

今回、ゴールシーンをライブストリームで観ていて気付いたことがある。男女ペアでの出場の場合、ゴール時には女性がステアリングを握っているペアが多かったように思う。以前、カール-フリードリッヒ・ショイフレ氏はミッレ ミリアについて「結婚する前に一緒に参加すると、お互いのことがより深く理解できる」といった旨のことを仰っていたが、たしかに1000マイルを旅し、苦楽を共にすれば、パートナーとの絆はより深まるに違いない。互いをリスペクトし、フィナーレは女性に華をもたせて感動を分かち合う。なんと素敵な4日間なのだろうか。筆者もいつか、全行程の全シーンをこの目で観たいものだ。きっとすべてのシーンが最高にドラマティックだろうから。

取材した”1000 Miglia VIP Village”のショパールのラウンジには1988年からの歴代「ミッレ ミリア レース エディション」が美しくディスプレイされていた。変遷を辿りながらひとつひとつじっくり見ていくと、それだけで時が経つのを忘れてしまいそうだ。このコレクションを見るだけでも、この場に来た甲斐があったというものだ。

今年の「ミッレ ミリア 2022 レース エディション」については別記事で詳しく紹介しているので、そちらもぜひ参考にしていただきたい。

ミッレ ミリア 2022 レース エディション

シリアルナンバー入り250本のリミテッドエディション

(ステンレススティール&18Kエシカルローズゴールド製)

Ref.168571-6004、機械式自動巻ムーブメント、クロノグラフ、100m防水、振動数毎時28800回、パワーリザーブ48時間、18Kエシカルローズゴールド製ベゼル、反射防止加工のドーム型サファイアクリスタル、日付表示の内面にルーペ付き、ケース外径 44.00mm、厚さ13.79mm、中央に時・分表示、9時位置にスモールセコンド、クロノグラフ、12時位置に30分積算計、6時位置に12時間積算計、中央にクロノグラフ秒針、3時位置に日付表示、タキメーター 、ストップセコンド機能、世界限定250本

¥1,452,000(税込)

ショパール

https://www.chopard.com/ja-jp

文:オクタン日本版編集部