WWEから日本復帰・女子プロレスラーKAIRIが語る「カムバックを後押しした2つの“財産”」

女子プロレス団体・スターダムの看板選手だった宝城カイリが、世界最高峰の団体・WWEと契約を結んだのは2017年のことだった。米マットではカイリ・セインと名前を変え、女子タッグ王座やNXT女子王座を獲得するなど八面六臂の活躍を見せる。そして世界規模のスーパースターとなった彼女が次に選んだ道は、古巣・スターダムへの復帰。今度はKAIRIと改名し、3月の両国国技館大会2連戦に電撃出場したのだ。なぜこの決断に至ったのか? アメリカで直面したプロレス文化の違いとは? 今後、何を目指していくのか? 5月28日(土)のスターダム大田区総合体育館大会にも参戦するKAIRIが洗いざらい胸中を語った。(前後編の前編)

【写真】3月の両国国技館で電撃復帰、KAIRIの撮り下ろしカット【11点】

──日本マット復帰、おめでとうございます!待ちわびていたファンも多いはずですが、KAIRI選手の現在の状況を把握しきれていない方もいるかもしれません。

KAIRI そうですよね。名前も「宝城カイリ」「カイリ・セイン」「KAIRI」と変わっていますから。これまでの経緯を含めてここでわかりやすくお話できたらと思います。

──まずは日本への帰国を決めたきっかけからお伺いできますか?

KAIRI 2017年に日本を発つとき、ファンの方には「長い旅に出ますけど、成長して戻ってきます」と約束したんですね。それはロッシー小川社長(現・エグゼクティブプロデューサー)にも伝えました。そもそも私は一流のプロレスを学ぶことが目的であって、アメリカで骨を埋める気はあまりなかったんですよ。

──でも、日本ですぐに選手として復帰という話にはなりませんでしたよね。

KAIRI 正直、その辺りは契約の関係もありましたし、今後について悩んだところではあるんです。プロレス引退も考えました。これは個人的な話になるんですが、私、親友を病気で亡くしているんですね。その子の墓前で誓い、叶えると約束していたのがレッスルマニアに出るということ。それだけは絶対に叶えたかったんですよ。おかげさまでレッスルマニアに3度も出場することができて、明日華選手とのカブキウォーリアーズでタイトルマッチもできた。NXTとWWEの両方でチャンピオンになり、年間最優秀選手賞なんかもいただきました。

アメリカに渡ってからはプライベートなんて二の次・三の次で、それこそ飛行機で飛び回りながら週4ペースで休みなく試合してきたわけですけど、そんな矢先にコロナの問題が急に出てきたことで、自分の時間がいきなりできたんです。それからじっくり内観をしました。「これから自分はどこに向かえばいいんだろう?」と。そのとき、親友との約束も果たせたし、3年間の内にWWEでやれることは全力でやりきれたという達成感みたいなものが自分の中にあって。WWEと何度か相談して現場を離れることになったんです。

──円満な離脱だったということですね。アメリカのマットを離れてからは、WWE JAPANのプロモーションサポーターに就任しました。

KAIRI すごく異例のことだと思うんです。ビンス(・マクマホン=WWE代表取締役会長兼CEO)からも「戻りたかったら、いつでもアメリカにまた来てくれ」と笑顔で声をかけていただきました。

──すごい! あのビンス・マクマホンからですか?

KAIRI はい。ビンスはとても仕事熱心で今も最前線に立って現場を引っ張っています。試合によっては選手やスタッフに厳しく指導をしたりピリピリしているときもありますが、私や明日華さんにはいつも優しく声をかけてくれました。

──KAIRI選手は、アメリカを離れる直前に結婚も発表されました。結婚も帰国に影響しました?

KAIRI そこはあまり関係ないんです。主人の仕事はプロレスとは全く関係ないんですけど、最初は主人がアメリカに来てくれるという話も出たんですよ。でも、それよりも私のモチベーションとして「もうアメリカでは十分やり切った」という達成感があったので、帰国を決めたかたちです。

──それにしても、古巣・スターダムへの復帰は本当に驚きました。

KAIRI 帰国してからはあまり熱心にプロレスは見ていなかったんです。ですが、昨年のスターダムの武道館大会に行ったとき、「いつかみんなと闘いたい」という気持ちが自分の心から湧き上がってきたんですね。ただ、復帰するにしてもリングに立つのは約2年ぶり。試合のテンポやルールもWWEとは違い、その辺がすぐに順応できるのか不安もありました。

ただ、試合をしていない間もジムでトレーニングを積んでいたので、身体のコンディション的には問題ありませんでした。あとは、3年間WWEという団体でプロレスを学んできたこと、経験してきたことに自信があったからこそ、復帰を決めたという面もあります。かつては選手会長として低迷期のスターダムを守ってきたという誇りと、WWE女子プロレスの改革期に最前線に立ち、戦い続けてきたという誇り……そのどちらも乗り越えてきたという経験が、自分の大きな財産になっているんです。

──久しぶりに戻ってきたスターダムに変化を感じたことは?

KAIRI 変わったなと思うことは結構あります。もちろんいい意味で。やっぱりWWEでやっていたときも古巣の様子は気になるし、盛り上がっていると聞くと嬉しくなるんですよね。魅力的な選手もどんどん集まっているし、会場も大きくなっているし、素晴らしいことだなと思っていました。

──今のスターダムは盛況を博していますが、これはなぜだと考えますか?

KAIRI ブシロードさんのおかげで、広告費やプロモーション力が増え、みんなに知ってもらえる機会が増えたということが何よりも大きかったんじゃないかと思います。試合の内容自体は当時から好評だったので、「もっと世間に広まってもいいはずなのに…」「いつか武道館に立つことを目標に頑張ろう!」みたいなことを(岩谷)麻優さんや(紫雷)イオさんと話していたことを覚えています。

──両国大会で行われたスターライト・キッド選手とシングルマッチは、KAIRI選手の鼓膜が破れるほどハードな試合になりました。

KAIRI 鼓膜が破れたことは今までも何度かあるし、それだけお互いに本気でぶつかり合ったということですから。痛みが嬉しかったというか、そういう意味で満足しています。私も復帰するにあたって出稽古に行ったり厳しい試合に耐えられるようにコンディションも整えていますから。

──今年1月からは、湘南江の島でスポーツジム「PARA-FIT24(パラフィット24)」を経営されているのだとか。

KAIRI 日本に帰国してから何らかの形で社会貢献をしたいと考えていたのですが、その中で考えていたことがスポーツジムの経営。住んでいたエリアにはジムがなく藤沢の方まで出なくてはいけなかったし、スポーツ業界はこれまでの自分のキャリアも活かせると思ったんです。数ヶ月間1日も休みがなくて苦労の連続でしたが、今はようやく落ち着いてきています。

──手応えは感じていますか?

KAIRI はい、おかげさまで! 素晴らしいスタッフが集まってくれて、会員の方も「この辺にジムがなくて困っていたから嬉しい」、「ここは居心地が良くて仕事のストレスが吹っ飛びます」などといったお声もいただいております。たまに「あの……カイリさんって方いますか?」とか聞かれて、「私ですよ」って答えると、「えっ、こんな小さい方だったんですか!」ってビックリされることもありますね。(笑)

──今後について何か考えていることはありますか?

KAIRI コロナの問題もあり、ファンの方とサイン会やイベントでなかなか交流できなかったということが心残りなんです。こればかりは世の中の状況を確認しながらということになりますが、ファンの方とお会いできる機会をたくさん作って少しでも恩返しができたらいいなと考えています。宝城カイリではなくカイリ・セインでもない、KAIRIの今後も応援よろしくお願いいたします!

【後編はこちらから】運動神経も身長も劣っていた、それでもKAIRIがWWEで成功した理由「渡米直後は毎日涙」