元AKB48 松井咲子が魅せる「30代最初の妄想」、美谷間こぼれるランジェリーカットが公開

元AKB48でタレントとして幅広く活躍する松井咲子の2nd写真集『delusion』(KADOKAWA)が7月21日(木)に発売される。今回、写真集掲載の先行カットが7枚到着した。

【写真】むっちりとしたボディラインがそそられる松井咲子の先行カット【12枚】

写真集のタイトル『delusion』は「妄想」の意味で、「30代最初の妄想」がテーマだ。温泉の入浴シーンや和室で見せる色っぽい浴衣、紫のボディスーツ、黒色Tバックやピンクのランジェリー、太ももを堪能できる秘書スタイル、チャイナ服やバニーガールなど、松井咲子の大胆な妄想が広がっている。

昨年、29歳の時に発売した1st写真集『咲子』で披露した「20代最後の妄想」より、大人な魅力満載でサイズも中身もボリュームアップしている。

松井は「2冊目の写真集を出していただき、ありがとうございます。"20代最後の妄想"から少しの時が経ち、またひとつ大人になりました。昔から変わらない部分も、今までお見せしてこなかった姿も、この一冊に詰め込みました。どうかまるっと愛してください。新しいけどどこかちょっと懐かしい。妄想だけどなぜかちょっとリアル。昔のアルバムを開くような気持ちで、咲子さんとこんな日々を過ごしたな、と皆さんなりの妄想をしながらぜひご覧ください!」とコメントを寄せた。

【あわせて読む】活動15周年・柏木由紀が語る“今”のAKB48「みんなの目的地が見つかった、次は個人の力を見せる番かな」