マンC最終年を有終の美で飾ったフェルナンジーニョ [写真]=Getty Images

 プレミアリーグの「モストパワフルゴール賞」に、マンチェスター・Cに所属する元ブラジル代表MFフェルナンジーニョの得点が選ばれた。26日にリーグが公式サイトで発表している。

 今季から創設されたモストパワフルゴール賞は、「エリアの外から放たれ、他の選手にディフレクションすることなく得点したゴール」のみを対象に、「シュートが打たれてからゴールラインを通過するまでの平均速度」が最も速かったゴールに贈られる。フェルナンジーニョが4月30日の第35節リーズ戦(○4-0)で記録したシュートが、「平均時速117.6km/h」でトップに立った。

 なお、2位はサウサンプトンのイングランド代表MFジェームズ・ウォード・プラウズ。4月24日の第34節ブライトン戦(2-2)で挙げた2ゴール目は、「平均時速104.7km/h」だった。

 現在37歳のフェルナンジーニョは、今季のプレミアリーグで19試合に出場し、リーズ戦の得点を含む2ゴールを記録。チームのリーグ2連覇に貢献した。同選手は2013年夏からマンチェスター・Cで活躍し続けたが、今夏の契約満了に伴い退団することを明言している。

【動画】フェルナンジーニョが新設のゴール賞を受賞