「ラブオールプレー」第8話 “腹黒プリンス”遊佐賢人が涙 理由はまさかの…!?

©ytv

テレビアニメ「ラブオールプレー」(読売テレビ・日本テレビ系、土曜午後5時半 ※一部地域を除く)の第8話「夏風」が、5月21日に放送された。



一学期に芳しくない成績を取ってしまった水嶋亮は、横浜湊高校バドミントン部の海老原先生や両親から説教を受ける。必死に勉強に励む亮だったが、インターハイへの出発前に、風邪を引いてしまう。自宅から応援することになってしまい……というのが今回のあらすじだ。



行きたかったインターハイに、参加できなくなってしまった亮。「しっかり養生して下さい。……とはいえ、大きな行事前に熱を出すのは自己管理ができていない証拠ですよ」という海老原監督の言葉がずしりと響く。



インターハイでは、皆で力を合わせたものの、横浜湊の団体戦は3位で終了した。大事なときに風邪を引き、参加すらできずに落ち込む亮に、姉・里佳は「本当はどうなりたいのか口に出して言ってみなさい」と声をかける。「言葉には魂がやどるの。思っているだけじゃダメ。ちゃんと口にすることが大事!」と伝えるのだった。



 視聴者からは、「勉強と部活との両立どころか、何もかも中途半端な感じになって、さらには体調崩して焦って悩むあたり、リアルで良かったな」「自分の未熟さを痛感して、打ちひしがれるのちょっとわかる気がします。がんばれ亮くん!」という声が上がっていた。



 一方、前回の放送で、里佳にひと目惚れして、横浜湊に入学したことが明かされた“腹黒プリンス”こと遊佐賢人。インターハイでは、ダブルス、シングルスで2冠を達成したものの、団体戦は3位で終了し、悔し涙を流していた。

 

そんな中、里佳は、遊佐が「三冠取ったらデートして下さい」と直接言いに来たと亮に打ち明け、「でも私、返事メールですませちゃった、悪いことしたかな~?」と続ける。その後、ファミリーレストランで「里佳さ~ん!」と遊佐が思いきり涙する場面が映し出される展開で、SNSでは「遊佐さん…めっちゃ印象変わったわ…好き」「遊佐さん可愛い過ぎたっ!」「デートのために三冠取りたかったんだね笑」「遊佐さんの悔しぶりがかわいかったです」などのコメントが並び、遊佐の新たな一面に注目を集めていた。



次回は、読売テレビ・日本テレビ系にて

5月28日土曜午後5時半から、

第9話「合宿」が放送!

※一部地域を除く



夏合宿がいよいよスタート。亮は「粘り強さ」を武器に戦っていくことを決意する。待ち受ける地獄のトレーニングの中、戦いのヒントを見つけ出すことはできるのか……。次回の物語も楽しみだ!



(C)小瀬木麻美・ポプラ社 / 横浜湊高校バドミントン部



【文・堀部 友里】