MUCC逹瑯、ソロ活動時の“サポートメンバー集め”に苦労「毎回みんなのスケジュールを合わせるのがしんどい」
ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。5月14日(土)の放送では、5人組バンド・lynch.から葉月さん(Vo)がソロ名義「HAZUKI」として登場! ソロプロジェクトについてお伺いしました。

(上から)逹瑯、HAZUKIさん

HAZUKIさんは現在、全国ツアー「TOUR'22“AM I A LØSER?”」を開催中! サポートメンバーは、PABLOさん(Gt/Pay money To my Pain、The Ravens、RED ORCA、POLPO、M.E.D.S)、TSUYOSHIさん(Gt/Unveil Raze)、明徳さん(Ba/lynch.)、響さん(Dr/摩天楼オペラ)、hicoさん(Key)と豪華な顔ぶれとなっています!

逹瑯:(HAZUKIはソロで)AK(明徳さんの愛称)と一緒にやっているもんね?

HAZUKI:そうっすね。

逹瑯:なんでAKにしたの?

HAZUKI:パッと浮かんだのがアイツだったっていうのと……唯一懸念していたのは、「メンバーをサポートで使うのってどうなの?」みたいな声があるかなってちょっと思ったんですけど、(X JAPANの)hideさんがソロ活動をしていたときに、その後ろでPATAさんが弾いていたんですよね。

逹瑯:おー。

HAZUKI:それを観て僕も“全然アリだな”と思って。

逹瑯:俺もさぁ、けっこう精力的に動いてるバンドのメンバーをサポートメンバーとして集めちゃって、毎回みんなのスケジュールを合わせるのがしんどいなと思ったから、何人かでファミリーとして回してこうと思っていて。

HAZUKI:うんうん。

逹瑯:ベースがけっこう大変なのよ、俺らの曲。

HAZUKI:ムズいんすか?

逹瑯:そう。ノクブラ(NOCTURNAL BLOODLUST)のMasaにけっこう頑張って弾いてもらっているんだけど、“どうしようかな、ベース……”と思ってさ。蜉蝣(かげろう)のkazuくんとかにも弾いてもらっているんだけど、kazuくんって100個ぐらいバンドをやっているのよ。

HAZUKI:あ、そうなんですか!?

逹瑯:あの人、いっぱいやってるから(笑)。

HAZUKI:へ~。deadmanとかですか?

逹瑯:そうそう。そう考えたときに、俺のスケジュールが空いているってことは、YUKKE(Ba/MUCC)のスケジュールも絶対に空いてっからさ。

HAZUKI:ハハハ(笑)!

逹瑯:でも今、バンド(MUCC)のメンバーが3人だから、その3人のうちの2人がそろっていたら、なんかちょっとバツが悪りぃじゃん(笑)。

HAZUKI:ハハハ! 確かに(笑)。

逹瑯:もしも(ミヤ(Gt/MUCC)が所属するバンド)Petit Brabancon(プチ・ブラバンソン)と逹瑯ソロで対バンとかがあったら、MUCCの3人が集まっちゃって「もうMUCCやれよ!」みたいな感じになると思って(笑)。

HAZUKI:ハハハ(笑)。なるほど。

逹瑯:なので、俺の頭のなかでYUKKEさんは誘う前からクビでしたね(笑)。

HAZUKI:3人だとちょっとなぁ……それは分かります(笑)。

逹瑯:ハハハ(笑)。でも、そういうのもいいよねぇ。

――そして、HAZUKIさんが語る“lynch.とソロの違い”とは?

逹瑯:ソロは、どういうコンセプトでやってるの? 今(シングルを)2曲リリースしていますけれども。

HAZUKI:とにかく“思いついたことを全部やる”っていうのが大前提なので、lynch.と違いを出すっていうのはそんなに考えてないですね。「別にlynch.でもできることだよね」っていうのはあると思うんですけど、とにかく“これをやりたい!”って思いついたことをやるのがコンセプトです。

逹瑯:瞬発的に?

HAZUKI:そう。楽器の編成とかもそうですし、「ピアニストとかヴァイオリニストがいないから、こういう曲はできないな」とか、そういうのも全部ナシにして「じゃあ、そういう人を呼んでやろう」っていう感じですね。

◎5月21日(土)放送の「JACK IN THE RADIO」は、MUCCのベーシスト・YUKKEさんが登場します! どうぞお楽しみに!

<番組概要>

番組名:JACK IN THE RADIO

放送日時:毎週土曜25:30~26:00

パーソナリティ:逹瑯(MUCC)

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jack