『ラブオールプレー』未だ謎の多い女子生徒・櫻井花役に小松未可子!

2022年4月2日(土)から放送中のTVアニメ『ラブオールプレー』について、追加キャストが発表。 ”櫻井花” 役に小松未可子が決定した。

『ラブオールプレー』は、小瀬木麻美氏による同名小説(ポプラ社)が原作のTVアニメシリーズ。バドミントンで中学時代は無名だった主人公・水嶋亮が、インターハイ優勝を目指し、トップアスリートへと成長していくストーリーが描かれる。

タイトルの「ラブオールプレー」は、バドミントンの試合開始の合図でもある。スマッシュの初速は400キロを超え、「世界最速のスポーツ」ともいわれているバドミントンの疾走感。仲間や家族と過ごす中で成長していく高校生たちの胸アツ感。

今、青春を謳歌している方、かつて青春時代を過ごした多くの方に、バドミントンを通して熱く爽やかな風を届ける!

1学期に芳しくない成績を取ってしまった水嶋亮(CV:花江夏樹)。バド部の海老原監督や両親から説教を受け、必死に勉強に励むものの、インターハイを前に夏風邪をひいてしまう。家から応援することとなったインターハイは、結果、横浜湊高校は3位で終わった。

次回、決意新たに合宿を迎える!

そして、バド部の練習をのぞきにきている女子生徒のひとりである櫻井花役に、小松未可子が決定。これからどんな形でバド部と関わってくるのか、今後の展開をお楽しみに!

たった一度しかない、まぶしく愛おしくもある青春! その青春真っただ中の君も、過ぎ去った青春を懐かしく思うあなたも一緒に楽しめるアニメ『ラブオールプレー』は、毎週(土)夕方5時30分試合開始!

>>>キャスト写真や作品KVを見る(写真2点)

(C)小瀬木麻美・ポプラ社 / 横浜湊高校バドミントン部