JO1(大平祥生、川尻蓮、川西拓実、金城碧海、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨)が、5月20日に放送された田中圭と千葉雄大がMCを務める音楽番組『MUSIC BLOOD』(日本テレビ系、毎週金曜23:00~)に出演し、デビューしてからの2年間でもっとも変化した人を明かした。

最初のトークテーマは“ケミ名”について。豆原が「ケミ名とはK-POPファンの文化で、ケミストリー(=化学反応)が起こる組み合わせのことで、ここではメンバー同士の組み合わせでJAM(JO1のファンネーム)の皆さんからつけられたコンビ名のことです」と説明する。「ちなみに僕と河野くんのコンビは”純豆腐兄弟”と呼ばれていて、おそらくお互いの名前の漢字に由来しているのかなと」。白岩は「JAMの皆さんがつけてくれたもの以外に、メンバーたちで自称しているケミ名もあるんです」と補足する。さらに鶴房は「僕と木全は友達感が強すぎて”ただ友”(=ただの友達)って呼ばれたりしています」と続ける。

そして、デビューしてからの2年間で変化した人を部門ごとに発表することに。まずパフォーマンス部門で名前があがったのが金城。オーディション時の映像が流れると「恥ずかしい(笑)!」と赤面する。

ビジュアル部門は、川西が選出。12年間野球を続けてきた川西は「人生の半分以上がボウズ頭だったから、そのギャップが効いているのかな」と理由を推測。

バラエティ部門に選ばれたのは大平。白岩が普段の大平について「日々バラエティの練習をしていて、真面目な姿勢が素晴らしいんです」と褒め称えると、なぜか隣に座っていた佐藤とMC二人も参加して大喜利対決をする流れに。まず先手の佐藤が笑いをとると、その後各々が爆笑をかっさらう!

さらに“金銭感覚”部門では河野が一番ケチであることが判明。これに対し本人は「僕から言わせてもらえば、メンバーのお金使いが荒いだけで僕は普通です」と弁解するも、川西が「そういえばこの前、5000円くらいのハンドソープを買っていましたよ!」と暴露。「値段を見ていなかったので、それは俺もびっくりした(笑)」と、事実を認める河野だった。

そして話題はグループにとってのBLOOD SONGについて。あがったのはTRFの「Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜」。JO1とのつながりについて聞かれると、佐藤が「以前『スッキリ!!』に出させていただいた時に、DJ KOOさんが僕たちを“激推しなグループ”として紹介して下さったってすごく嬉しかったです」と話す。さらに「ダンス番組に出演をさせていただいた時にSAMさんに僕らのダンスを褒めていただきました。すごく嬉しかったです。今回は当時のオリジナルの振り付けに加え、僕らのならではのエッセンスをプラスして、全力で披露させていただきます!」と川尻も続ける。

もう1つのBLOOD SONGは「With Us」。「2枚目となるアルバムのリード曲です。JO1とJAMの皆さんの絆が深まるような楽曲になっています」と白岩、河野も「メンバー同士で肩を組んでの振り付けなど、これまでのグループとしての歩みを歌詞や踊りで表現しているので楽しみにしていてください」と意気込みを語る。

そして、実際に行われたパフォーマンスは……。

次回は5月27日に放送。ゲストは鈴木雅之、進化し続ける65歳を田中・千葉がひもとく。