阪神・佐藤輝明 (C) Kyodo News

◆ 持ち前のパワーがアダに…?

 阪神は敵地で行われたヤクルト3連戦に1勝2敗で負け越し……。

 18日の試合は4発快勝で勢いに乗るかと思われたが、19日の第3戦はヤクルト先発・小川泰弘を前に打線が沈黙。守りのミスが失点に絡み、0-3で敗れた。

 19日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した大矢明彦氏も「きのう良いゲームをやっていたので、それを活かしたいところだったんですが……」とコメント。

 中でも目についたのが「今年はあまりなかった守備のミス」。三塁で先発出場した佐藤輝明の2つの送球ミスを「もったいなかった」と振り返った。

 番組MCで現役時代に内野手だった高木豊氏は「右足に体重が乗っていない」と問題点を指摘。ゴロを処理してから一塁に投げるまでの間の下半身の動きが少なく、「上体だけで投げてしまっているので強いボールにならず、コントロールにミスが生じてしまう」と語った。

 大矢氏も「外野の場合はピッチャーのように腕を振り切って投げても良いと思うが、内野は送球をする方向へしっかりと足が向いて行かないとコントロールが難しくなる」と、ポジションに応じて意識を変える必要性にも言及。

 元投手の齊藤明雄氏は送球時の体勢に注目しながら「左足が相手の方に向いていないということは、(身体が)開き気味の踏み出しになってしまうので、送球がスライダー回転してしまう。力があるだけに上体投げになってしまっているんですね」と、持ち前のパワーがかえって悪影響になっていることを指摘した。

 「下半身の体重移動で投げるということを意識すると良いかも」と高木氏。

 2年目も打線の中核として欠かせない存在感を発揮しているだけに、守備でも丁寧なプレーが求められる。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』