田中裕二、太田光

漫才・ピン芸・コントなどジャンルを問わず、今後の芸能界を担うであろう“次世代のスター芸人”を発掘する『ツギクル芸人グランプリ2022』(フジテレビ系)が、5月21日(土)14時30分から放送。2年連続でMCを務める爆笑問題(太田光、田中裕二)が19日、取材に応じ、番組への意気込みと期待を語った。

日本音楽事業者協会とフジテレビがタッグを組んで開催する同コンテストは今回が3回目の開催。当日は予選会を勝ち抜いたキュウ、サスペンダーズ、さんだる、Gパンパンダ、10億円、ストレッチーズ、ゼンモンキー、竹内ズ、TCクラクション、ネギゴリラ、ハナイチゴ、パンプキンポテトフライ、ママタルト、森本サイダー、わらふぢなるおの15組が優勝を競う。

太田は本番への心境を問われると、「レベルがめちゃくちゃ高いですからね。しかも今回は満を持しての生放送。打倒『M-1』、お笑いの夏の甲子園を目指して頑張っていきたい」と意気込み。田中は「太田さんはフジテレビの生放送だと、何かしら事件を起こすからね」と不安な顔を見せるが、これに対して太田は「是非とも時間内に収めたい。(自分がいるので)何が起こるかわからない、その辺も楽しみにしてほしい」と予想外のハプニングを“予告”した。

太田は生放送と聞くだけで「楽しくなっちゃう」と話し、「フジテレビは“楽しくなければテレビじゃない”っていう時代があって、フジテレビのバラエティに出るだけでワクワクしちゃう。その気持ちが抑えられない」とノリノリ。「ここのところコロナで“くれぐれも暴れないで”と言われているんですけど、ちょっと緩やかになってきているので、できればまた今回もバーっとね」と意気込んだが、田中は「楽しいのはいいんだけど、くれぐれも空回りしないでね」と釘を刺した。

決勝進出者15組に関して問われると、太田は「僕はまーごめ(ママタルトの大鶴肥満)に期待したい」とイチオシに挙げ、「大鶴義丹さんに見ていただけるならぜひ見てほしい」と呼びかける。田中も「大鶴肥満は体重が180kgありますからね。それだけでもちょっと楽しみ」とこれに同意。田中は結成1年未満の10億円にもエールを送り、「まだ1年未満ですよ。これは気になります」と期待。食べ物のコンビ名が増えていることも話題に挙げ、太田からは「評判良ければ『ツギクル芸人レストラン』とかやってもいいかもね。夏のイベントで実際にお店を出したりして」というアイデアも飛び出した。

さらに太田は「去年はとにかくネタがみんな面白かった。普通にお客さんとして楽しんで見ていた。かなり手応えを感じた。『M-1』や『キングオブコント』のように回を重ねればみんなが目指すようなものになると思います。来年はゴールデンを目指します。徐々に出世して、『ポップUP!』の枠を狙います」とジョークを交えてコメント。「最終的には『M-1』の裏でやりたい!」と野望を明かした。