山崎紘菜と北乃きいがW主演を務めるドラマ『汝の名』(テレビ東京系、毎週火曜24:30~)の第7話が、5月17日に放送される。

同ドラマの原作は、「輪(RINKAI)廻」で第7回松本清張賞を受賞した明野照葉の同名作で、ひた隠しにされている女の感情の「負」が惜しげもなく散りばめられた新感覚ホラーサスペンス。

前回の第6話では、麻生陶子(山崎)と妹・久恵(北乃)との主従関係が大きく逆転する展開に、ネット上では「こんなに怖い笑顔初めて見た」「ぶっちぎりの怖さ」「怪演ぶりがすごい」といったコメントがあがっていた。

<第7話あらすじ>

ベッドから動けない麻生陶子(山崎)に、嬉しそうに食事を持ってくる妹・久恵(北乃)。意識が朦朧としている陶子に、久恵は自分が薬を盛って陶子を病気にさせたこと、陶子のために本物の陶子(長井短)や松谷継子(茅島成美)を殺めたことを語りだす。陶子が本名の三上里矢子に戻ろうとしたから二人の関係性が壊れたとする久恵は、何もできない陶子の世話をする新しい関係性に喜びを見出していた。

一方で、久恵は陶子の服を着てエステに行くなど、陶子に成りすまして派手な生活をするようになる。次第に久恵は自らを勝ち組、陶子は負け組といい、陶子に対してきつく当たるように……。

ある日、街行く人や店員から嘲笑われているように感じた久恵は、陶子の下の世話をしている時に、陶子との関係がこれまでと何も変わらないことを悟る。そしてエステから自宅に帰ってきた久恵は、驚きの光景を目にする。