篠崎こころ、衝撃の1st写真集が発売決定「目標が叶ってすごく嬉しい」

コスプレイヤーの篠崎こころが、7月7日(木)に自身初の写真集を発売することが決定。今回、その誌面カットと本人コメントが到着した。

【写真】「ドール」に扮した篠崎こころの写真集カット【4点】

トレードマークの金髪ショートと洗練されたビジュアルで幅広い層から人気を博す篠崎こころ。そんな篠崎の初写真集は「ドール」をテーマに撮影された。

見知らぬ海岸に流れ着いたドールに扮した篠崎は、大冒険の末に運命的な出会いを果たす。感情をなくしたドールになりきる様子から、感情を持って動き出し、まるで一緒にデートをしているような気持ちにさせる彼女感まで、様々な姿を披露。どこまでが現実で、どこからが空想なのか、そんな対となる2つの世界観を表現している。その他にも、スクラップ工場で鉄クズの中に埋もれているカットや、漁船で網に引き上げられるカット、UFOキャッチャーの中に入っているカットなど、今までのグラビアシーンでは見たことのないようなものばかりだ。

また、写真集のロケ地としてはおそらく史上初となる、和歌山県・友ヶ島での撮影も決行された。友ヶ島は、『天空の城ラピュタ』の世界のような、神秘的でノスタルジックな世界観が広がる無人島。

ゴシック調の衣装を身に纏って撮影した、壊れかけのドールが動き出しているかのようなカットは必見だ。これまでのグラビア写真集界に一石を投じると言っても過言ではない、前代未聞の衝撃作となっている。

写真集の発売にあたり、篠崎は「写真集を出すことは、グラビアをやっている中でのひとつの目標でもあったので、それが叶ってすごく嬉しいです。撮影は『ドール』がコンセプトだったんですけど、無感情のドールモードの表情と、心を持った人間モードの笑顔の切り替えがすごく難しくて、その感覚をつかむのが大変でした。でも、撮影が進むにつれて徐々にカメラマンさんの求める表情に近づけていったんじゃないかなと思います。空想の世界と現実の世界が混ざり合った新感覚の写真集になっているので、ぜひたくさんの人に見てもらいたいです!」とコメントを寄せた。

【あわせて読む】篠崎こころ、美肌きらめくキャミソール姿にキュン死寸前のファン続出「むっしてるのに可愛いとか反則」