IWCシャフハウゼンとメルセデスAMGペトロナスF1チームが公式チームウォッチを発売

IWCシャフハウゼンとメルセデスAMGペトロナスF1チームは、モータースポーツ界の注目が集まるフロリダで、チーム初となるオフィシャルチームウォッチを発表した。軽量で耐久性に優れたグレード5チタンを使用した「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ41 "メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン・チーム"」は、ブラックの文字盤にチームの象徴であるペトロナスグリーンの印字が施されている。

IWCシャフハウゼンは、2013年からメルセデスAMGペトロナスF1チームの公式エンジニアリングパートナーを務めており、8回のF1コンストラクターズ選手権にまたがる実りあるパートナーシップを築いている。IWCのCEOクリス・グレインジャーヘラーとメルセデスAMGペトロナスF1チームの代表兼CEOトト・ウォルフは、最新のコラボレーション成果を発表した。この時計は、デザイナー、エアロダイナミクス担当者、レースエンジニア、戦略担当者、メカニックを含むチームのメンバーが着用する予定だ。

【画像】ブラックとペトロナスグリーンのカラーリングが、パートナーシップを象徴する(写真9点)

メルセデスAMGペトロナスF1チームのチーム代表兼CEOであるトト・ヴォルフは、「IWCと共に開発した初のオフィシャルウォッチを発表できることを嬉しく思っています。この時計は、チーム内の結束と帰属意識を高めるものであり、過去10年にわたりIWCと築いてきた関係の証でもあります。マイアミのコースサイドでこの時計がチームのメンバーに着用されるのを見るのが楽しみです」とコメントした。

IWCシャフハウゼンのCEOであるクリス・グレインジャーヘアーは、次のように述べている。

「高級時計製造もレース活動も、精密さ、クラフツマンシップ、そしてパフォーマンス・エンジニアリングが重要な要素です。しかし、優れた時計と偉大な時計との違いを生み出すのは、情熱や愛情、献身といった人間的な要素なのです。この考え方は、メルセデスAMGペトロナスF1チームとの長年のパートナーシップを見事に表現しています。 マイアミで行われる新しいチームウォッチの発表で、このパートナーシップを祝福します」

IWC製キャリバー69385を搭載したこのクロノグラフには、カーフスキンとラバーの2種類のストラップが付属し、EasX-CHANGE®システムにより、素早く簡単に交換することができる。この新しい試みを記念して、マイアミのレースでは2台のマシンのハロにIWCのロゴが施された。

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ 41 "メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン・チーム" (Ref. IW388108) は、軽量で極めて高い剛性を誇るグレード5チタニウムを素材に作られている。あらゆる金属の中で最も高い強度比を持つチタンは、エンジンバルブなど大きな圧力を受ける自動車部品の製造に広く用いられている。さらに、チタンは耐食性にも優れている。機械加工とサンドブラストを施されており、表面には魅力的なグレーの輝きが残っている。ブラックの文字盤には、チームのシンボルであるグリーンのプリントが施され、特徴的なデザインを引き立てている。サファイアガラスの裏蓋からは、231個の部品から成るクラシックなコラムホイール・デザインのIWC製クロノグラフ・ムーブメント、キャリバー69385を眺めることができる。また両方向回転式爪巻上げ機構により、46時間のパワーリザーブが確保されている。

このクロノグラフには、ブラックのエンボス加工カーフスキン・ストラップと、グリーンのラバー・ストラップの2種類のストラップが付属している。EasX-CHANGE®システムにより、ストラップは工具を使わずにボタンひとつで簡単に交換することができる。パイロット・ウォッチ・クロノグラフ41 "メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン チーム"は、さまざまなストラップの選択肢と簡単な交換機能により、多目的に使用できるスポーツウォッチとなっている。

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ41 "メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン チーム"は、IWC.comのオンラインショップでのみ購入可能だ。