7回2失点も2敗目を喫したDeNA・大貫晋一[写真=萩原孝弘]

● DeNA 1 - 4 巨人 ○

<7回戦・横浜>

 先取点は奪った。先発も十分な働きをした。ただ、勝てなかった。

 DeNA打線は初回、巨人の拙い守備もあり、3番・楠本泰史の先制適時打で幸先よくゲームスタート。しかし3回、先発の大貫晋一がポランコと岡本和真に連続本塁打を浴び逆転を許した。共にストライクゾーンに残ったスプリットをスタンドに運ばれての失点。それでも4回から7回までは盗塁刺もあり、結果的に4イニングを打者3人ずつで片付けるナイスピッチングだった。

 問題は攻撃面。相手先発の菅野智之に対し、4回はイニング先頭の牧秀悟がヒットで出塁後、ネフタリ・ソトの右中間の当たりをポランコが落球し(記録は二塁打)チャンスを貰う形となるも、後続の大和、柴田竜拓が凡退。8番・嶺井博希は勝負を避けられ、続く9番・大貫がそのまま打席に入り空振り三振で無得点。

 6回も先頭の牧が二塁打で出塁したが、ソト、大和が連続三振。二死後に代打の切り札・藤田一也を起用したが空振り三振に倒れ、結果的にここ一番でギアを上げた菅野の前に牛耳られた格好となった。

 試合は8回にエドウィン・エスコバーが2失点し万事休す。巨人相手に連勝とはならなかった。

 三浦大輔監督は、7回2失点で今季2敗目を喫した大貫について、「先発として7回までしっかりとした投球をしてくれた。非常に良かっただけに勝ちを付けられなくて申し訳ない」と、5試合連続でクオリティスタートをマークしながら1勝止まりの右腕を労った。

 一転、4回と6回の絶好機で得点出来なかった打線には、「中盤のあそこで点を取れなかったというところで…ノーアウトのところで大和になんとかして欲しかった」と、チャンスで2打席連続三振に倒れた6番・大和の打席に言及。キャンプから取り組んできた安打以外での得点をもぎ取れなかったことを悔いていた。

 明日からとの明言は避けたが、「次カードから」宮﨑敏郎の戦列復帰を示唆した指揮官。怪我人続出の中「しっかりと準備していきます」と最善を尽くして戦い続ける。

 

取材・文・写真=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)