『ウルトラマン』円谷ヒロインの元祖・桜井浩子が語る初写真集への思い

『ウルトラQ』『ウルトラマン』のヒロインを演じて、特撮ファンに強烈な印象を与えた女優・桜井浩子さん初の本格的な写真集『桜井浩子写真集 act ULTRA』が6月下旬に発売決定。その刊行を記念して、桜井さんのスペシャルインタビューが実現した。

>>>桜井浩子さん演じる江戸川百合子、フジ・アキコ隊員の貴重な掲載カットを見る(写真9点)

円谷プロ初のTVシリーズ作品『ウルトラQ』(1966)では毎日新報社会部のボーイッシュなカメラマン・江戸川由利子役を、そして続く『ウルトラマン』(1966~1967)では美しさと知性、快活さを併せ持つ科学特捜隊メンバー、フジ・アキコ隊員役を演じた桜井浩子さん。

この初代ウルトラヒロインは、円谷プロ作品のヒロイン像を決定づけただけでなく、テレビ放映、ビデオやDVDなどのソフト、そして現代のサブスクを通して、あらゆる世代の特撮ファンの憧れの存在として広く知られている。

今回発売される写真集は、そんな桜井さんの魅力をフジ・アキコ、江戸川由利子、またゲスト出演した『怪奇大作戦』ほか1960年代の円谷プロ作品出演時のスチール(テイク違い&ポーズ違いなども網羅)に加え、番宣写真、紹介記事、撮影合間のオフショット、さらに『ウルトラマン』『ウルトラQ』本編HDリマスター映像からの高画質キャプチャー画像によるショットなどの写真を一挙掲載。

他にも東宝所属時代の超レアカットや出演作品のスチール写真、さらに雑誌の少女モデル時代のカットまで網羅した決定版的内容となっている。

さらに桜井さんからのリクエストで、『To LOVEる -とらぶる- シリーズ』、『あやかしトライアングル』などで知られる漫画家で、フジ・アキコ隊員を敬愛する矢吹健太朗氏が描き下ろした「フジ・アキコ隊員イメージイラスト」も特別収録される。

インタビューを読めば、桜井さん本人が誰よりも本書の完成を楽しみにしていることが伝わってくるはずだ。長く愛され続けた円谷ヒロインの魅力の真髄を、是非確認してもらいたい。

(C)円谷プロ

【桜井浩子 スペシャルインタビュー】

――今回の企画はどのような経緯で動き出したのでしょうか。

復刊ドットコム様の方よりご依頼がありましたので、弊社担当と相談の上、出版して頂く事になりました。

――これまでに著書を3冊出されていますが、やはり本書に取り組まれる際の気持ちは違うものでしょうか。

これまでの本は自分で書いたものですが、写真集は初めての経験なのでどんな仕上がりになるのかワクワクドキドキしています。

――打合せやスタッフとのやり取りの中で、写真集への手応えも感じていらっしゃるのではないでしょうか。

何しろ、女優生活、初の写真集なので報告を頂く度に、胸躍らせています。TwitterやFacebookなどでも「いいね」を沢山頂戴していますので嬉しいです。

――掲載写真の中で、特に思い入れや思い出深い写真はありますでしょうか?

思い入れ、と言うより今迄あまり良いアンサーをしなかった「巨大フジ」の写真の掲載がシュールかなあ……。

あとは『ウルトラQ』『ウルトラマン』の記者発表の時の円谷英二監督も一緒の写真は感慨深いです。何しろ、ウルトラマンシリーズの創世記の記念すべき写真なので……56年後、こんなにウルトラマンシリーズが繁栄するとは夢にも思ってませんでしたから。

――東宝所属時代、東宝映画の出演作品、プライベートなものなど、ウルトラ関連以外の写真も掲載されるとのことですが、桜井さん御自身も今回初めて見た写真などあったりしたのでしょうか。

子役時代や東宝時代のもので、私も見た事のない写真が発掘されビックリです。

――矢吹健太朗氏の描き下ろしによるフジ・アキコ隊員イメージイラストが、本書に掲載されることになったきっかけは? また、イラストをご覧になった感想はいかがですか。

そもそもは矢吹先生サイドの人物から「先生がファンなので」との事で、お食事会に伺ったのが最初です。矢吹先生はフジ・アキコイラストを以前も描いて下さっていて、それをTwitterでツイートしたところ、凄い数の「いいね」が来まして……。

先生のイラストはピチピチ飛び跳ねているので大好き!なので写真集の為のフジ・アキコを描き下ろして下さる様お願いして、お引き受け頂きました。出来上がったフジ・アキコイラストは、やっぱりピチピチ飛び跳ねていて素晴らしいです!

――長きにわたって愛されている『ウルトラQ』『ウルトラマン』との出会いが、桜井さんの人生にもたらしたものはどんなことでしょうか。

『ウルトラQ』『ウルトラマン』との出会いは偶然でしたが、今では必然だったのかなあと思っています。何も意識せずに歩んだウルトラまでの道のりが、私の大切な人生になりましたね。

――ご自身のこれまでの歩みを改めて振り返られて、どんな思いを抱かれていますか。

ただの素人のお転婆娘が女優になって無我夢中で未知の世界を泳いできて再びウルトラの世界に戻った今、穏やかな波のまにまに漂わせて頂いている……そんな感じがしています。

――今回の写真集を楽しみにしているファンの皆さんへ、メッセージをお願いします。

女優生活、最初で最後の写真集です。昭和の映画界も含めたウルトラマンシリーズ初期の歴史が詰まった写真が沢山、掲載されております。お楽しみ頂ければ嬉しいです!

桜井浩子(さくらい・ひろこ)

1946年3月4日、東京都目黒区に生まれる。1961年、オール東宝ニュータレント1期生となる。中学卒業と同時に東宝へ入社。『紅の海』『青べか物語』『河のほとりで』などの映画に出演。

その後『ウルトラQ』の江戸川由利子、『ウルトラマン』のフジ・アキコ隊員を始め、数多くのTVドラマ・映画に出演。これまでに3冊の著書、『ウルトラマン青春記~フジ隊員の929日~』(1994)、『ウルトラマン創世記』(2003)、『ヒロコ ウルトラの女神誕生物語』(2011/いずれも小学館)がある。

現在は円谷プロダクションにてコーディネーターを務めている。また、2021年に愛称の「ロコ」からネーミングしたYouTubeチャンネル『ROCO TALK』を開設、ウルトラマンシリーズのキャスト・スタッフとの対談が好評を得ている。

(C)円谷プロ