木村拓哉が主演を務める『未来への10カウント』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~※この日は拡大スペシャル)の第4話が、5月12日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、これまでに『HERO』『CHANGE』(ともにフジテレビ系)で木村とタッグを組んだ福田靖のオリジナル脚本。生きる希望を完全喪失している男・桐沢祥吾(木村)が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツドラマ。

前回放送された第4話では、桐沢&松葉台高校ボクシング部が念願のインターハイ予選に出場。桐沢が部長・伊庭海斗(高橋海人)に熱いボクシング&恋愛指導を繰り広げる一方、桐沢自身にも顧問・折原葵(満島ひかり)との間に恋の予感が到来するなど、次々と訪れる胸アツ展開に視聴者も没入。放送時には「#未来への10カウント」がTwitterの世界トレンド1位に輝くなどの盛り上がりをみせた。

そんな中、第5話では、またも怒涛の新ラウンドが開幕! なんと、視聴者の間でも日に日に待望論が高まっていた村上虹郎が、満を持して初登場を果たす。しかも、村上演じる転校生・西条桃介は弱小・松葉台高校ボクシング部のエース候補にして、とことん部をかき乱す超問題児という強烈キャラ。圧倒的なボクシングの実力を誇る一方、「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と生意気な口を叩く西条が入部したことで、部内には不穏な空気が流れ、ついには部員たちが練習をボイコットする事態にまで発展してしまう。

これまで桐沢の指導のもと、みるみるボクシングにのめり込み、チームの士気と絆を強めてきた松葉台高校ボクシング部。いろいろな意味でヤバい超問題児・西条の出現によって歯車がくるい始めた部員たちに対し、桐沢はどんなカウンターパンチを繰り出すのか。インターハイ予選敗退によって桐沢自身に降りかかるコーチ解任という難局も含め、一筋縄ではいかない状況が続々と襲いかかる。

さらに、桐沢と葵の恋にも急展開!? 前回、シングルマザーである葵の息子・圭太(川原瑛都)と、まるで親子のような掛け合いを繰り広げる桐沢の姿を見て、思わずうれしそうな表情を浮かべた葵。ラストシーンでは、ずっと敬語だった葵が桐沢にキュートなタメ語を連発するなど、桐沢に対して心をぐぐっと開いた様子が、さりげなく描かれた。なんと第5話では序盤で桐沢がコーチを解任されてしまい、毎日のように会える関係ではなくなってしまうことに。そんな中、あぁ今回もかわいすぎる――葵が桐沢のバイト先である宅配ピザ店に注文を連発。あえて桐沢を担当配達員に指名し……!?

また、これまで型破りな指導で、悩める部員たちと真正面から向き合ってきた桐沢だが、ここに来て新たな問題が発生! あろうことか、真面目な1年生部員・江戸川蓮(櫻井海音)が突然、行方不明に。これが警察も動くほどの事態になり、心配でたまらない桐沢。やがて江戸川が絶体絶命の危機に直面していることを知った桐沢はとんでもない行動に出る。

<第5話あらすじ>

今ではすっかり弱体化した母校・松葉台高校ボクシング部と共に、コーチ・桐沢祥吾(木村)が背水の陣で挑んだインターハイ予選。だが、ただひとり2回戦へ駒を進めた女子部員・水野あかり(山田杏奈)も、圧倒的に格上の京明高校に破れてしまう。結果はともあれ、桐沢は全力でぶつかったあかりを心からたたえる。

京明に負けたことを理由に、松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)は桐沢にコーチ解任を宣告。過去に幾度も人生の辛苦をなめてきた桐沢は、早々に「そういう人生だから、どうしようもない」と諦め、コーチおよび非常勤講師を辞めることに。希望が見えない日々の中で、ようやく得た“生き甲斐”をいとも簡単に手放そうとする桐沢を、なんとか引き留めようとするボクシング部顧問・折原葵(満島)。部員たちも一方的に告げられたコーチ解任に憤慨する。

だがそれぞれ、やりきれない思いを抱えつつも、前へ進まなければならない。葵は部員たちを鼓舞するため、元プロボクサーでもある桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)に新コーチになってほしいと依頼。桐沢も「お前なら安心して、あいつらを任せられる」と、甲斐にボクシング部の未来を託す。

ところがその矢先、大阪から凄腕の1年生・西条桃介(村上)が転校してきて、ボクシング部に入部。「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と生意気な口を叩く西条、そんな彼の実力を見て「うちのエースになる!」と興奮する甲斐に、部員たちは反感を覚える。

そんな中、真面目な1年生部員・江戸川蓮(櫻井)が突然、行方不明に。警察も動くほどの事態になっていると知った桐沢は心配でたまらず、江戸川を探す。部員の絶体絶命の危機に桐沢はとんでもない行動に出るが……!?