元アニメ制作が映画『ハケンアニメ!』を観て感じたリアリティ

「アニメを作るって、絵を描くこと以外に何をしているんだろう?」

アニメ業界へ足を踏み入れる前の私の素朴な疑問だ。アニメが大好き、でもその裏側がどうなっているのか知らない……こういう人は多いのではないだろうか。

私はアニメ制作会社に制作進行として入社し、TVシリーズやOVA、劇場作品やVOD公開作品などに携わってきた。今はアニメ制作会社を離れ、編集としてアニメ作品を紹介している。

そんな私が、実際に制作としてアニメの現場に入って知ったのは、監督、脚本、演出、作画監督、仕上げ、撮影、3D、美術、編集、音響……数えきれないほど多くのスタッフが画面の向こう側にいて、日々闘っているということだ。

映画『ハケンアニメ!』は、アニメ業界で闘う者たちを ”リアルに” 描いた、熱血エンタテインメントだ。では私がどこに ”リアリティ” を感じたのか、紹介していきたいと思う。

●アニメスタジオの風景のリアルさ

アニメーターが使用する作画机に溢れかえるのは、「どこに何があるのか分かるのか?」と思ってしまうほどの大量の原画用紙に、絵コンテや設定の紙、紙、紙……。そして、監督の机の後ろに倒れてしまいそうなほど積み上がった大量のカット袋の山……。このアニメスタジオ特有の、物でごった返している様子が映画の中でリアルに再現されている。

いまだに紙作業が主流であるアニメスタジオの雰囲気をしっかり残しつつ、絵コンテ作業や作画作業において、近年一気に加速したタブレット化の様子も描いていた本作は、かなり ”今、この時代の” アニメ業界の風景に近いと感じたのだ。

●クセが強すぎるクリエイターたち

本作に登場するアニメ制作現場のスタッフはみんな個性豊かだ。作中では、擬音語と大ぶりなジェスチャーを使って雰囲気を教えてほしいという作画監督に、きっちりと数字を使った指示出しを望む撮影監督など、色々なタイプのスタッフが出てくるのだが、これは決して映画の中だけの話ではない。

クリエイターと一括りに言っても、上がりにそのときの気分や今ハマっている作品がかなり反映される感覚派、どう描いたらどう見えるのか計算しながら作業する理論派など、実に様々なタイプのクリエイターがいる。

そんな現実にもいるような、個性的で職人気質で才能あふれるクリエイターたちを初監督の斎藤瞳(演:吉岡里帆)がまとめ上げられるかどうかも本作の見どころとなっている。

>>>リアルすぎる制作現場……! 映画『ハケンアニメ!』スタジオの様子が分かるカット(写真20点)

(C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

●連絡が取れない、原画マンが捕まらない、スケジュールがない……ないないだらけの制作現場

本作で、天才監督の王子千晴(演:中村倫也)に振り回されるプロデューサーの有科香屋子(演:尾野真千子)は、クリエイターと連絡が取れない、やってくれる原画マンが見つからない、しかもスケジュールがない……といったことに悩まされる。これも映画を面白く見せるための誇張なんかではなく、実際のアニメ制作現場での悩みと一致する。

近年、テレビだけでなく、劇場でも配信サービスでもたくさんのアニメが公開されていることはご存知だと思うが、作品の数だけその裏側にスタッフは存在する。そのため、作品を掛け持ちするスタッフも多く、多忙を極める彼らと連絡がつかないことや、手いっぱいで仕事を受けてもらえないことはザラにある。

本作に登場する作画スタジオ『ファインガーデン』でも、瞳が監督を務める『サウンドバック 奏の石』と、王子が監督を務める『運命戦線リデルライト』の少なくとも2作品の原画を受注している。ピンチに陥った香屋子が『ファインガーデン』のアニメーターたちにどんな行動を起こすのか注目してみてほしい。

●使用されているアニメ映像のリアルさ

視聴者の方に届くアニメは、当然だが完成して色がついている状態になっている。そのため、線撮と呼ばれる色がついていない状態の映像を見る機会はあまりないと思うが、本作ではその制作過程の線撮もしっかり見ることができる。

アフレコの際の監督・瞳とアイドル声優・群野葵(演:高野麻里佳)のやりとりも本作の見どころのひとつだが、そのとき使用されている映像にも色がついていない。実際のアフレコ現場でもよく見る光景だ。その映像に声優がどのように声を当てているのか見るのも面白いだろう。

また、これは王子の演出であるが、『運命戦線リデルライト』ではあえて色をつけず、鉛筆書きの原画でフィニッシュしているカットがある。アニメーターの鉛筆のタッチが活かされたそのカットは、普段線撮を見ることのない視聴者の目には新鮮に映ることだろう。こだわりが感じられる劇中アニメの映像は必見だ。

私がアニメ会社で働いていたころ、中学生の女の子からアニメ業界の話を聞かせてほしいと言われたことがあった。アニメの市場規模が拡大していくにつれて、監督や声優への注目が高まり、メディアへの露出も多くなった。しかし、いまだにアニメ制作現場の様子は謎に包まれているところが多い。

映画『ハケンアニメ!』は、そんなアニメの制作現場をとことんリアルに描いている。きっと映画を観る人を、普段見ることができない画面の向こう側へ連れて行ってくれるだろう。

(C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会