新世代ジャズフェス「LOVE SUPREME」迷わず行くべき3つの理由

日本初開催となる新世代ジャズ・フェス「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」が、5月14日・15日に埼玉・秩父ミューズパークで開催される。ヘッドライナーを務めるのはDREAMS COME TRUEとロバート・グラスパー。さらに、国内外から今見ておきたい気鋭アーティストが集結する。このフェスの見どころをまとめた。

1. 上質な歴史、豊かなロケーション

「ラブシュプ」ことLOVE SUPREME JAZZ FESTIVALは、2013年より毎年7月にUKイースト・サセックスで開催されているヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェス。伝統的なジャズとキャンプ文化が融合した空間のなかで、ジャンルを横断しながら上質な音楽を楽しむことができ、The Guardian紙も五つ星を付けるなど現地メディアの評価も高い。ちなみに、名前の由来はもちろんジョン・コルトレーンの名曲「至上の愛」(A Love Supreme)。

記念すべき日本初開催となる今回の会場は、埼玉県秩父市と小鹿野町にまたがる「秩父ミューズパーク」。秩父市は三峯神社などを中心に関東屈指のパワースポットとしても有名で、開催月の5月には芝桜も満開の時期を迎えるという。都心から車で約100分、電車でも池袋駅から約80分。日帰りでも往来しやすい観光スポットで、自然と音楽の充実した空間を体験することができるだろう。

2. 待望の海外アクトを春に堪能

この2年間、新型コロナウイルス感染拡大により、ごく一部を除いて海外アーティストの来日公演が長らく途絶えていた。しかし、今年3月1日から外国人の入国を制限する「水際対策」が緩和される後押しもあり、フジロックやサマーソニックも復活に向けて準備を進めている。2022年は洋楽ファン歓喜の年になることを期待したいが、ラブシュプでは2大夏フェスに先駆けて、海外ビッグネームのステージを楽しむことができる。

セルジオ・メンデス

ロバート・グラスパー

初日には日本を愛するブラジル音楽の巨匠、セルジオ・メンデスが出演。誰もが聞き覚えあるであろう名曲「Mas que nada」で知られるが、2000年代にブラック・アイド・ピーズとの出会いから再浮上するなど、音楽的好奇心は81歳の今も衰えていない。さらに、ロバート・グラスパーが2日目のヘッドライナーを担当。日本の主要フェスも席巻してきた彼のライブでは、実験精神に裏打ちされたスリリングな即興演奏がこれでもかと堪能できる。筆者も何度か目撃してきたが、生のパフォーマンスこそ百戦錬磨を誇る彼の真骨頂。もちろん、『Black Radio III』収録曲の初解禁も見逃せない。

3. 国内からも実力派たちが集結

本家ラブシュプが掲げるジャンル横断の姿勢に則って、国内勢もバラエティ豊かでありつつジャズとの親和性も高いアーティストが顔を連ねている。まず、初日のヘッドライナーを務めるのはDREAMS COME TRUE。13年ぶりの共演となる上原ひろみ、チャカ・カーンやプリンスを支えてきたクリス・コールマン(Dr)などを迎えた特別編成で、国民的ポップスバンドがどんなセッションを見せるのか。

さらに初日は、origami PRODUCTIONSが誇るマルチプレイヤー集団Ovall、洗練された歌とグルーヴで魅了するSIRUP、トランぺッター黒田卓也が率いる大編成アフロビート・バンドaTak、スウィートな歌声で人気を集めるkiki vivi lily、進境著しい4人組のチョーキューメイも登場する。

DREAMS COME TRUE featuring 上原ひろみ, Chris Coleman, 古川昌義, 馬場智章

2日目は本誌最新号に登場してくれたWONKのほか、新世代ジャズ・シーンの先輩格であるSOIL&”PIMP”SESSIONS、日本屈指のドラマー石若駿が率いるAnswer to Rememberも出演。さらに、ブラックミュージックを基調としたポップスを追求するNulbarich、今を象徴する若きポップスターVaundy、SKY-HI主宰「BMSG」が送り出すAile The Shotaというフレッシュな顔ぶれが揃った。おまけに、両日ともにDJ陣も充実。どれか一組に興味があれば、他の出演者も楽しめるであろう理想的なラインナップだ。

もうひとつ今回の大きな特徴として、親交の深いアーティストどうしが集まっていることも挙げられるだろう。OvallのステージにSIRUP、さかいゆう、佐藤竹善(Sing Like Talking)、ソイルのステージにSKY-HI、AtoRのステージに黒田卓也やermhoiなどがゲスト参加するのは既報の通りだし、当日のサプライズもありえるかもしれない。そんなふうに想像を巡らせるのもフェスの醍醐味。最初から最後まで目が離せない2日間となりそうだ。

「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」出演者の楽曲などをまとめた公式プレイリスト

LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN 2022

2022年5月14日(土)、15日(日) 埼玉 秩父ミューズパーク

5月14日(土)

出演:DREAMS COME TRUE featuring 上原ひろみ, Chris Coleman, 古川昌義, 馬場智章 / セルジオ・メンデス / SIRUP / Ovall - Guest : SIRUP, さかいゆう, 佐藤竹善(Sing Like Talking) / aTak /チョーキューメイ / kiki vivi lily

DJ:YonYon / 松浦俊夫 / 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE / KYOTO JAZZ SEXTET) / Licaxxx

5月15日(日)

出演:ロバート・グラスパー - Robert Glasper (key) / David Ginyard (b) / Justin Tyson (ds) / Jahi Sundance (DJ) / SOIL&”PIMP”SESSIONS - Guest : SKY-HI、Awich、長塚健斗 / Nulbarich / Vaundy / WONK / Answer to Remember - Guest : KID FRESINO, ermhoi, Jua, 黒田卓也 / Aile The Shota

DJ:柳樂光隆(Jazz The New Chapter) / DJ To-i(from DISH//) / DJ Mitsu the Beats / みの

チケット購入:https://eplus.jp/lovesupreme/

公式サイト:https://lovesupremefestival.jp

LOVE SUPREME presents DREAMS COME TRUE featuring 上原ひろみ, Chris Coleman, 古川昌義, 馬場智章、WONK

2022年5月21日(土)神戸ワールド記念ホール

2022年5月26日(木)東京ガーデンシアター

詳細:https://lovesupremefestival.jp/presents/