ジャイアントカプリコ呪術廻戦4月12日登場!「親子で領域展開」も

江崎グリコのチョコレート「ジャイアントカプリコ」とアニメ『呪術廻戦』がコラボ。「ジャイアントカプリコ呪術廻戦<グレープジュース味>」が登場する。『呪術廻戦』のキャラクターが描かれた全7種の限定パッケージで、2022年4月12日(火)より全国展開される。

さらに、キャラクターが名セリフで応援してくれる「がんばり応援プロジェクト 親子で領域展開キャンペーン」を同時に実施。親子の楽しい会話を増やし、子供の ”やってみたい” を応援するキャンペーンとなっている。

『呪術廻戦』は『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載中の芥見下々による漫画。呪いを祓う才能の持ち主が集められた「東京都立呪術高等専門学校」を中心に、人間と呪い、そして呪術師の陰謀が渦巻く独特の世界観で描かれる作品だ。

これを原作としたTVアニメシリーズが2020年10月よりMBS/TBS系全国28局ネット ”スーパーアニメイズム” 枠にて放送され、MBS/TBS深夜アニメ枠歴代1位の視聴率を獲得。現在『劇場版 呪術廻戦 0』が大ヒット公開中、TVアニメ第2期は2023年の放送が決まっている。

ジャイアントカプリコは、コーンアイスのようなワクワクする形状と他にはないふんわりエアイン食感のチョコレート。ターゲット層として特に子供を強く意識しており、2014年からはCMなどで「こどもカプ式会社」というプロモーションを展開していた。

『呪術廻戦』は比較的ハードな内容のダークファンタジーでハイターゲットのアニメファンにも好評だが、そもそも原作は多くの子どもたちも手にする『少年ジャンプ』に掲載されている。

アニメ第1期は最初の放送が深夜帯であったが、2022年4月より土曜夕方17時から再放送されている。これは、深夜に観られなかった子どもたちやファミリー層へのアピールもあるのであろう。

ジャイアントカプリコと『呪術廻戦』のコラボには、ともに子どもにアピールしたい両者の想いが重なった部分もあるのではないだろうか。

さて、今回のパッケージには主人公の虎杖悠仁を筆頭に、伏黒恵、釘崎野薔薇、五条悟、禪院真希、狗巻棘、パンダがデフォルメイラストで登場。

また「がんばり応援プロジェクト 親子で領域展開キャンペーン」も実施される。

これはキャンペーン特設サイトにアクセスし、「カプリコ」ブランド商品のバーコードをスマートフォンで読み取ると、『呪術廻戦』のキャラクターが画面上に出現し、全7種のキャラクターがそれぞれの名セリフで応援してくれる、というもの。

応援メッセージの後には、自分の顔をキャラクターに当てはめてなりきることのできる、オリジナル「カプばり宣言フォトフレーム」がもらえ、頑張りたいことを入力することができる。子供が興味のあることやチャレンジしたいことを知ることができ、親子のコミュニケーションの機会を増やすきっかけとなるだろう。

「がんばり応援プロジェクト 親子で領域展開キャンペーン」は、「ジャイアントカプリコ呪術廻戦<グレープジュース味>」の他、「ジャイアントカプリコ<いちご>」や「カプリコのあたま<いちごあつめ>」なども対象となっている。

>>>「ジャイアントカプリコ呪術廻戦」7種のパッケージや応援プロジェクトの画像を見る(画像15点)

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会