譲り受ける予定だった父親のAE111レビンが廃車に。代わりに購入したクレスタがオーナーのもとに|1986年式 トヨタ クレスタ GT ツインターボ 

1980年代から2000年代初頭まで日本のアッパーミドルサルーンはマークⅡ3兄弟中心に世界が回っていた。とくに3兄弟が揃った80年代はハイソカーブームを巻き起こすと同時に先頭に立って時代を動かした。

まさに80年代を象徴する一台となったマークⅡ3兄弟を3世代にわたって分析&紹介していこう。

※特集内では特定の車種・グレードを示す場合を除き、各世代を示す表記を一般的な通称となる61/71/81系またはシリーズとしています。

【1986年式 クレスタ GT ツインターボ Vol.3】

【2】から続く

 こうして、上級プレステージセダンでありながらスポーツカーのテイストを注入することで、さらに幅広いユーザーから人気を獲得することに成功したクレスタ。しかし、オーナーは、もともとクレスタが好きで手に入れたわけではないのだ。というのも、本来は70スープラなどのスポーツモデルが好みで、免許取得後は父親のAE111レビンを譲り受ける予定だった。しかし、不運なことでレビンは廃車に……。その後父親はレビンの代わりにクレスタを購入したが、しばらくしてオーナーに譲渡されたという。

 こうして「なんとなく」クレスタに乗るようになったオーナーは、当初すぐに乗り換えるつもりだった。しかし、インターネットを通じて仲間ができ、長く所有していることで愛着が湧き、クレスタにのめり込んでいった。そして今では、「乗っていて良かった」と思うようになったそうだ。また、パールシルエット・トーニングのボディカラーも、当初はイヤだったとか。しかし、周囲から「珍しい」「いいカラーだね」などと言われ、今ではこのボディカラーもお気に入りだという。

>>【画像19枚】 後席も前席と同様の専用シート地となっている。トヨタ初の左右調整式で、高さ調整のほか、外側に90mm、内側に10mmの移動が可能なヘッドレストなど

OWNERS VOICE/今後はフルノーマルに戻すことも考えています!  

「夜、それも雨の日に販売店に見に行ったので、納車されたときには外装がひどい状態でびっくりしました」と、購入当時の失敗談を話してくれたオーナー。本文中でも触れたように、なんとなく手に入れたクレスタだったが、今では「こんなに魅力的なクルマは、なかなかないのでは」と言うほどほれ込んでいる。

 現在は当時のイメージを保ちつつチューンを楽しんでいるが、今後はノーマルに戻すことも考えているそうだ。

【1】【2】から続く

1986年式 トヨタ クレスタ GT ツインターボ(GX71)

SPECIFICATIONS 諸元

全長×全幅×全高(mm) 4690×1690×1385

ホイールベース(mm)  2660

トレッド前/後(mm) 1440 / 1455

車両重量(kg)  1350

エンジン型式  1G-GTEU型

エンジン種類 直列6気筒DOHCツインターボ

総排気量(cc) 1988

ボア×ストローク(mm) 75.0×75.0

圧縮比 8.5:1

最高出力(ps / rpm) 185 / 6200

最大トルク(kg-m / rpm) 24.0 / 3200

変速比 1速 3.285 / 2速 1.894 / 3速 1.275 / 4速 1.000 / 5速 0.783 / 後退 3.768

最終減速比 4.300

ステアリング ラック&ピニオン

サスペンション前/後 ストラット / セミトレーリングアーム

ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)

タイヤ 205 / 60R15(前後とも)

発売当時価格 277.7万円