斎藤工&丸山桂里奈 TGCにゲストとして登場、斎藤は「クスクス笑われている気がする」と困惑

俳優の斎藤工が3月21日(月)、国立代々木競技場第一体育館で開催されたファッションイベント「第34回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2022 SPRING/SUMMER」(以下:TGC)に、丸山桂里奈と共に出演した。

【写真】独特な格好で登場した斎藤工&ランジェリー姿の丸山桂里奈【3点】

ボディメイクランジェリーMARUKOのショーに、ゲストとして登場した斎藤と丸山。挨拶を求められた斎藤は「僕が出たときは、歓声というかクスクス笑われている気がした」と戸惑いを見せたが、司会のEXIT・兼近は「ちゃんとした歓声でしたよ」とフォローした。

MARUKOのボディメイクランジェリーを身に着け、ランウェイを歩いた丸山は「四角三角マルコ丸山です」と挨拶。すかさず兼近から「地下アイドルみたいな挨拶辞めてもらっていいですか?」とツッコまれていた。

トーク中には斎藤が出演しているMARUKOの新CMが上映される一幕も。CMに登場している4名の女性は、「マルコシンデレラストーリーアワード」というイベントで選ばれた一般の方だそう。

同イベントの司会を務めた斎藤は「コロナ渦ということもあり、どうやって自分の時間を過ごすか、またそれをサポートする家族やマルコスタッフとの友情が、その瞬間に溢れ出るので、僕はいつも泣きそうになりながら司会をしています」と心境を語った。

実際にMARUKOのボディメイクランジェリーを体験した丸山は、「身体が軽くなった」と絶賛しており、司会の鷲見も「身体にあったランジェリーを身に付けると軽くなりますよね」と共感した。

【あわせて読みたい】仲村トオル&斎藤工が14年ぶりに映画で共演「初対面は“気になる”出会い方でした」