アイドルグループ「SharLie」×「おはな丼丸」、豪華なコラボキャンペーンを実施

芸能事務所「Coprte」初のアイドルグループ「SharLie」と、東京を中心に9店舗を展開する「おはな丼丸」とのコラボキャンペーンが実施される。

【写真】「SharLie×おはな丼丸」コラボ楽曲ジャケット写真&コラボ丼【11枚】

「SharLie」とは、Coprteが実施したオーディション「SHARE&LIVE AUDITION」に合格した7名で結成されたアイドルユニット。メンバーは、 斉藤聖奈(赤)、楠茉夏(ピンク)、瀧澤彩夏(黄色)、佐藤陽奈(青)、美凪(ターコイズ)、有桜まれい(紫)、夢野そら(オレンジ)だ。

今回のコラボキャンペーンでは、「おはな丼丸」とのコラボ楽曲『薊の花も一盛り』を、3月27日(日)にリリースすることが決定しており、作詞作曲は人気ボカロP「164」が担当した。リリースイベントも、リリース日を皮切りに都内郊外の3会場で実施することが決まっている。

また、本企画でコラボするのは楽曲だけではなく、『SharLie』メンバーが考案した“コラボ丼”が期間限定で「おはな丼丸」全店舗で発売される。自分の名前やカラーをテーマにしたり、好物だけを詰め込んだり、いつもとは違う海鮮丼の食べ方が出来たりなど、各々の個性や願望が形になっているという。

さらに、アパレルブランド「42(FORTYTWO)」が今回の企画に反応し、「SharLie×おはな丼丸×42(FORTYTWO)」によるコラボ法被を発売することも決定。リリースイベントでは、メンバーがコラボ法被を纏いライブパフォーマンスを敢行するとのことで、「アイドル×法被」の貴重なライブを見られる。

▼“164”からのコメント

今回楽曲を制作するにあたりマストだったのは日本の祭の雰囲気で、ファンの皆様も一緒 に声を出せるような掛け声を入れました。

全体的には歌も伴奏もニロ抜き短音階で一貫し日本っぽさとロックっぽさを同時に出して います。それに合わせて「SharLie」の持つかっこよさと、「おはな丼丸」の持つ“和”の雰囲気も含ませるため、祭囃子の雰囲気から始まりサビでは箏(こと)などを使って雅(みやび)な味付けをし多少硬派に寄せました。

色々な要素を複合的に絡ませ、SharLie に一花咲かせて欲しいという思いと「おはな丼丸」の店名から取って「花」という言葉を印象的な場所に置こうと思いこのタイトルを付けました。このご時世大きな声を出す事はなかなか叶いませんが、この曲の掛け声を覚えて頂き、是非曲を聴きに店舗に、そしてライブハウスに足を運んでいただけたら幸いです。

【あわせて読む】レジェンドが語るコスプレ文化の30年「当時はほぼすっぴん。自宅の住所を教えるのも普通でした」