2021年は回復基調|2030年までに欧州、北米、中国でBEV100%を目指すレクサス

去る2月1日、レクサスが2021年の全世界販売実績を発表した。2021年1~12月の全世界販売実績は、760,012台と昨年実績を上回る(前年比 106%)回復基調となった。

【画像】レクサスの新しいSUV、RZ450e(写真3点)

2021年1~12月の主要地域別の販売実績は以下の通り。

北米約 33.2万台(前年比 112%)

中国約 22.7万台(前年比 101%)

欧州約 7.2万台(前年比 102%)

日本約 5.1万台(前年比 104%)

中近東約 2.8万台(前年比 103%)

東アジア約 3.0万台(前年比 95%)

北米が約33.2万台(前年比 112%)、中国は過去最高となる約22.7万台(前年比 101%)を達成するなど全世界販売の回復を牽引した。モデル別では、ES、RX、UXのハイブリッドモデルが好調で、電動車の年間販売は過去最高の約26万台(前年比 110%)を記録している。また、次世代レクサスの第1弾として新型NXを発売し、新たにPHEVを導入するなど、カスタマーや社会のニーズに対応した電動車の普及を加速させている。

レクサスは2035年にはグローバルでBEV100%を目指している。そのマイルストーンとして、2030年までに全カテゴリーでBEVのフルラインナップを実現し、欧州、北米、中国でBEV100%、グローバルで100万台の販売を目標に置く。

Lexus International 佐藤 恒治 President/Chief Branding Officerは次のようにコメントした。

「世界中でLEXUS車をご愛用頂いているお客様のお一人おひとりに、心より感謝を申し上げます。新型コロナウィルスの感染拡大や部品供給逼迫の影響が続く中、2021年は約76万台を販売し、過去最高レベルまで販売を回復することができました。

2022年も引き続き、『本物を知る人が、最後に選んでいただけるブランドでありたい』という想いの下、お客様の感性に訴えかけるLEXUSらしいデザインや走りの味を磨き上げて参ります。電動車開発も加速させ、今春のBEV専用モデル「RZ」を皮切りに、多様なお客様のライフスタイルに寄り添う新型モデルを続々と発表いたします。次世代LEXUSの更なる挑戦に、ご期待下さい」