スバルBRZに追加モデル! モータースポーツ参戦車両として開発

スバルは2022年2月8日、小型FRスポーツカー「BRZ」の追加モデル「Cup Car Basic(カップカー ベーシック)を発表した。

このカップカー ベーシックは、2022年より開催予定のワンメイクレース「TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup」参戦車両として開発。ロールケージや66点式シートベルト用アイボルト、空冷式のエンジンオイルクーラーなどを専用装備するとともに、レース参戦向けベース車両として、各種装備の仕様を最適な設定とした。

【画像】カップカー ベーシック専用装備

カップカー ベーシックはスバルが企画・販売し、同社のモータースポーツ統括会社であるSTI(スバルテクニカインターナショナル)が専用装備を架装する。

カップカー ベーシックの専用装備は下記の通り。6速MTのみで、価格は303万5000円。

・ロールケージ(6点式+サイドバー付き)

・6点式シートベルト用アイボルト(運転席のみ)

・シートサイド&カーテンシールドエアバッグ取り外し、キャンセラー装着

・フロアマット(ロールケージ専用)

・エンジンオイルクーラー(空冷式)

・リヤデフ冷却フィン(フィン付きデフキャリア)

〈文=ドライバーWeb編集部〉