『そふび道』NEWS■映画『大怪獣のあとしまつ』登場怪獣「希望」のソフビに大注目!

「人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然、死んだ。――この死体、どうする?――」。そんな「誰もが知る ”巨大怪獣” の誰も知らない ”死んだ後” の物語」が大注目な、松竹×東映初コラボ(これも注目!)作『大怪獣のあとしまつ』(https://www.daikaijyu-atoshimatsu.jp/)(2月4日全国ロードショー)が公開間近! 

ただし作品紹介は映画雑誌などにまかせて、ここでは、いちばん気になる関連グッズ、中でも全国の怪獣ソフビファン的にいちばん注目な登場怪獣「希望」の生前の姿をソフビ化した「ソフビ人形 希望」を紹介!

ポイントは、映画で「希望」のデザイン&造形を担当した造形師・若狭新一氏率いる製作会社MONSTERSチームがソフビ原型を担当! そして若狭氏と親交ある、懐かしの怪獣ソフビを現代に復活させ注目されるメーカー・M1号の西村祐次氏がソフビ化協力をしているところ! 

>>>希望の背面、側面写真などを見る(写真13点)

そんな若狭&西村両氏のタッグで誕生した「ソフビ人形 希望』は、2.5頭身のデフォルメ造形、その完成度は紹介の写真の通りで、間違いなく怪獣ソフビファンにはマストだ! 

ヘッダーには、日本のアメコミ怪獣アーティストとして活躍するマット・フランク氏によるイラストが使用されている点も見逃せない! 

発売は、2月6日(日)、2年ぶりにリアル会場で開催される『ワンダーフェスティバル2022[冬]』のM1号ブースにて販売予定。4日公開の映画を観てから、6日の『ワンダーフェスティバル2022[冬]』で「ソフビ人形 希望」をゲットだ!

そしてほかにもある映画『大怪獣のあとしまつ』関連グッズ、ガシャポンやサントラなども紹介しよう。

「HGシリーズ 松竹×東映 怪獣まつり」(全4種類)は、2月初週末より1回500円(税込)で全国の公開館ほか全国のガシャポン売り場にて発売。ラインナップは映画『大怪獣のあとしまつ』登場の死んだ巨大怪獣「希望」。同じく映画『大怪獣のあとしまつ』で怪獣の死体の危険性を象徴するアイテム2「キノコ」 。松竹制作で 1967年に公開された映画『宇宙大怪獣ギララ』に登場する「ギララ」。東映製作で1967年放映の『キャプテンウルトラ』に登場した「メタリノーム」。今尚カルト的な人気を博す『宇宙大怪獣ギララ』『キャプテンウルトラ』という松竹×東映の時空を超えたコラボレーションなのだ!

作曲家・上野耕路による映画『大怪獣のあとしまつ』オリジナル・サウンドトラックも2月2日にSHOCHIKU RECORDSより2315円(税抜)でリリース!

映画『大怪獣のあとしまつ』公開を記念して数多ある東映特撮映画&TVほかから『大怪獣のあとしまつ』の世界観にちなんだ「怪獣セレクション」10本をを東映特撮YouTube Officialにて無料配信! 「HGシリーズ 松竹×東映 怪獣まつり」の「メタリノーム」の元ネタを始めとした全10本を2月6日の23時59分まで一挙無料配信!

(C) 2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会