よみがえる昭和テイスト! レトロ感満点のデビルマンソフビが登場

昭和の香りを感じさせるデビルマンのレトロソフビが、メディコム・トイからリリースされる。

レトロソフビとは「レトロデフォルメ」と呼ばれるスタイルで作られたソフビのことである。

ソフビ人形の草創期である1960~70年代に作られたソフビは、テレビ画面のプロポーションを正確には再現しておらず、頭が大きい低頭身で各部が丸っこく、幼児を思わせるプロポーションをしているものが多かった。

また彩色の再現度も低く、塗装箇所の省略や、マスキングせず大雑把に塗装されたり、映像作品と全然違うカラーリングになっている場合もあった。

こうした草創期のソフビは原作再現度は高くないが、むしろそうしたおおらかさや懐かしさに魅力を感じる人も存在した。それらの人が作り手に回り、現代に草創期風のテイストで作ったソフビがレトロソフビだ。

しかしそうは言っても時は21世紀、平成を過ぎて令和である。見る方も作る方も感覚はアップデートされている。レトロソフビとして扱われるソフビの中にも、頭身が割と高いもの、造形がシャープなもの、塗り分けが原作に忠実でカッチリしているものは少なくない。

今回リリースされる「MCT デビルマン(2期)」は、頭身は比較的高く頭部もマスキングで塗り分けされているが、アニメとは若干異なるボディバランス、大胆に省略されスプレーで大まかに施されたボディの塗装など、あふれんばかりの昭和テイストが盛り込まれている。

レトロソフビの、まさに「レトロ」の部分に魅力を感じる人なら、先月紹介の「MCT マジンガーZ(2期)」に続いて、またも見逃せないアイテムと言えるだろう。

(C) 永井豪/ダイナミック企画

MCT デビルマン(2期)/メディコム・トイ/9900円(税込)/2022年6月発送予定/『デビルマン』の主役ヒーローをレトロデフォルメで立体化。「MCT」は「メディコム・トイ」を指す。全高約25センチ。

1/6計画店頭及び、メディコム・トイ運営オンラインストア各店にて2022年1月24日(月)00:00から2022年2月28日(月)23:59まで注文受け付け。詳細はwww.medicomtoy.co.jpでご確認を。

メディコム・トイでは、デビルマン以外にも多くのソフビを発売・プロデュースしている。引き続きその新製品情報をお届けしよう。

(C) 梶原一騎・辻なおき/講談社・東映アニメーション

タイガーマスク(アニメ版) 猛牛サムソン、ミスターX/メディコム・トイ/各8580円(税込)/2022年6月発送予定/アニメ『タイガーマスク』のレスラーとマネージャーをレトロデフォルメでソフビ化。各全高約25センチ。

1969年に中嶋製作所より発売されたタイガーマスクシリーズの素体に、電人の完全新規造型のパーツを組み合わせたアイテムだ。猛牛サムソンには1969年版をイメージしたタスキが付属。またビニール製マントも装着している。

1/6計画店頭及び、メディコム・トイ運営オンラインストア各店にて2022年1月24日(月)00:00から2022年2月28日(月)23:59まで注文受け付け。詳細はwww.medicomtoy.co.jpでご確認を。

(C)楳図かずお/小学館

猫目小僧 (ピンク)/メディコム・トイ/1万1000円(税込)/2022年6月発送予定/漫画『猫目小僧』の主人公をレトロソフビ化。猫目小僧のソフビは以前にもリリースされているが、今回は商品名通り服がピンクだ。全高約21センチ。

1/6計画店頭及び、メディコム・トイ運営オンラインストア各店にて2022年1月24日(月)00:00から2022年2月28日(月)23:59まで注文受け付け。詳細はwww.medicomtoy.co.jpでご確認を。

(C) 石森プロ・東映

ショッカーライダーNo.1(キングサイズ)/メディコム・トイ/1万8150円(税込)/2022年5月下旬発送予定/東映特撮作品のヒーローや敵キャラなどをレトロソフビ化する「東映レトロソフビコレクション」の新作。『仮面ライダー』終盤に登場した、いわゆるにせライダーの1号をキングサイズでレトロソフビ化している。マスクは着脱可能。全高約35センチ。

1/6計画店頭及び、メディコム・トイ運営オンラインストア各店にて2022年1月24日(月)00:00から2022年2月28日(月)23:59まで注文受け付け。詳細はwww.medicomtoy.co.jpでご確認を。

(C) 石森プロ・東映

イモリゲス、ハサミジャガー(クリア新色)&ハサミジャガー(ミニソフビ)/メディコム・トイ/8580円(左)、1万1000円(右2点)(共に税込)/2022年5月下旬発送予定/こちらも「東映レトロソフビコレクション」の新作。『仮面ライダー』のショッカー怪人と、『仮面ライダーV3』のデストロン怪人だ。各全高約24センチ(ミニソフビのみ全高約10センチ)。

1/6計画店頭及び、メディコム・トイ運営オンラインストア各店にて2022年1月24日(月)00:00から2022年2月28日(月)23:59まで注文受け付け。詳細はwww.medicomtoy.co.jpでご確認を。

TM & (C) TOHO CO., LTD.

ゴジラ1971(ギニョール版)3期/メディコム・トイ/1万6500円(税込)/2022年4月発送予定/ソフビ作家・安楽安作の新作。『ゴジラ対ヘドラ』で、尻尾を抱えて放射火炎を吐き、空を飛んだゴジラをレトロソフビ化。全高約26センチ。

メディコム・トイ オフィシャルブログ(http://www.medicomtoy.co.jp/blog/)にて2022年1月24日(月)00:00から2022年2月10日(木)23:59まで申し込みを受け付け、抽選販売。

詳細はwww.medicomtoy.co.jpでご確認を。

TM & (C) 2022 WWE. All Rights Reserved.

(C)MUTO OFFICE

SFS ベイダー(レッド版)、SFS グレート・ムタ(白版)/発売元:イングラム、販売元:メディコム・トイ/各9680円(税込)/2022年6月発送予定/伝説的なプロレスラーなどをレトロソフビ化する「ソフビ・ファイティングシリーズ」の新作。ベイダーはコスチューム着脱可能。各全高約25センチ(本体)。

1/6計画店頭及び、メディコム・トイ運営オンラインストア各店にて2022年1月24日(月)00:00から2022年2月28日(月)23:59まで注文受け付け。詳細はwww.medicomtoy.co.jpでご確認を。

レトロソフビ、とひとくくりに紹介しているが、そのデフォルメバランスや彩色の基準はメーカー、原型師、商品によりまちまちである。

今回紹介のMCT デビルマン、タイガーマスク、東映レトロソフビコレクション、ソフビ・ファイティングシリーズは、体型の雰囲気は似ているが、細かく見るとボディバランスは結構違う。

その幅の広さもレトロソフビの魅力の一端と言えるだろう。

>>>メディコム・トイのソフビ新作の画像を全部見る(画像7点)

<問い合わせ先>

メディコム・トイ ユーザーサポート:03-3460-7555

※一部アイテムの写真は監修中のサンプルで、発売商品とは一部異なる場合あり。また画像上の各商品のサイズ比は、実際の商品と異なる場合あり。