成合隆子(中村アン)、新名正義(阿部寛)

阿部寛が主演を務める日曜劇場『DCU』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第3話が、15分拡大SPとして1月30日に放送される。

本作は、水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台にしたオリジナルドラマ。海上保安庁に新設されたスペシャル集団が“水中未解決事件を解明すること”をミッションに、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫る。

第2話では、石川県・北能登の港で変死体が見つかり、DCUが捜査に向かった。遺体は密漁と戦う地元のリーダー・島田龍平(須田邦裕)のもので、新名正義(阿部)たちは、島田の下で働いていたロドリゴ・サンチェス(フェルナンデス直行)という技能実習生を捜査するが、サンチェスはかたくなに犯行を否定する……というストーリーが展開。ネット上では、リブリーザー試験に挑む成合隆子(中村アン)の訓練に付き合う瀬能陽生(横浜流星)の姿に「隆子さんと瀬能くんイイ感じ」「距離がぐっと近づいててドキドキ」「LOVEありそうだなぁ」などのコメントが寄せられた。

<第3話あらすじ>

成合隆子(中村アン)のミスにより、ロドリゴ・サンチェス(フェルナンデス)が被害者のスマホを盗んで失踪してしまった。しかも、サンチェスは治安を脅かすある重大な秘密を持っていることが発覚。

サンチェスを逃したことで新名正義(阿部)は上層部から厳しく追及される。さらに、この一件が原因でロシア高官の来日が見送られることになり、隆子は重い責任を感じていた。そんな中、大友裕也(有輝)と聞き込みに出た隆子は、サンチェスと同じ日本語学校に通うマリア・シルバ(エレナアレジ後藤)を見つけ、焦りのあまり彼女に怪我をさせかねない行動をとってしまう。そして新名は、ミスを重ねた隆子を捜査から外す判断を下す。

しかし、自分の犯したミスを取り戻したい隆子は命令に背きひとり捜査に乗り出し、瀬能陽生(横浜)をはじめDCUのメンバーたちも隆子を励まし密かに協力する。そんな中、事態はゆっくりと最悪の方向に進んでいく……。