小瀧望(ジャニーズWEST)主演のドラマ『鹿楓堂よついろ日和』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第3話が、1月29日に放送される。

和風喫茶「鹿楓堂」を舞台に、店主でお茶担当のスイ(小瀧)をはじめ、料理担当・ときたか(葉山奨之)、スイーツ担当・椿(なにわ男子・大西流星)、珈琲担当・ぐれ(佐伯大地)ら心優しき4人の青年たちが、人生にちょっぴり傷ついた客の心とお腹を満たしてゆく、おいしくて優しい“癒やし系飯テロドラマ”。

第2話では、ボロボロに疲れ切ったサラリーマンの柴野亮平(ゆうたろう)が、鹿楓堂を訪れる。ときたか(葉山)がありあわせの材料で作った天丼を食べて満足した柴野は、看板ネコをなでる客の桜田文彦(津田寛治)の姿を見て、小学校の頃から飼っていた犬のむっくんを思い出す。仕事が忙しくて実家に帰れず、愛犬の最期を看取れなかったと話し涙を流すと、スイも号泣。「一緒に過ごしてきた時間とか、一緒にいられたことが幸福だって思いたい」という桜田に、柴野も「俺もむっくんと一緒にいられて楽しかったな」と笑顔を取り戻す。

鹿楓堂のメンバーや客同士の交流を中心に描かれるハートフルなストーリーに、ネット上では「普通に泣いた」「感動して涙出まくり」「目頭が熱くなる展開」「思わず泣けてきた」「いい人たちばっかり」などのコメントが寄せられた。

<第3話あらすじ>

抹茶のロールケーキを口に放り込み、満足そうな微笑みを浮かべる謎の男・角崎英介(白洲迅)。パティシエに挨拶がしたいと言い出した彼は、そのままスイ(小瀧)に「鹿楓堂にテレビに出てほしい」と持ち掛ける。

番組の仲介をしていると名乗る角崎は、パティシエ2人がテーマに沿ったスイーツ作りで対決する番組『スイーツコレクション』に中尾椿(大西)を抜擢! 店の宣伝になる、と思わずテンションが上がるときたか(葉山)、ぐれ(佐伯)だが、当の椿は、ひとり浮かない表情で……?

その夜、4人が共に暮らすシェアハウスでは、ぐれがパンツ一丁で走り回り大騒ぎ。そんな中、椿の様子が気になっていたスイは「無理してテレビに出る必要はないよ」と優しく声を掛ける。しかし、椿は意外にも「出てもいいよ」と宣言。驚くメンバーに、実はあのあと、角崎から挑発されたことを打ち明け「あいつ、ぶっ潰してやる!」と、負けず嫌いの本領を発揮する。

迎えた収録の日。鹿楓堂メンバーがスタジオに到着すると、現れた対戦相手は、まさかの角崎! 彼の正体は、スイの兄・八京(ジャニーズWEST・藤井流星)が社長を務めるホテル「イーストサイドグランデ」の鬼才パティシエだったと発覚し、動揺を隠せない面々で……!?

そんな中、ついに椿VS角崎の「イチゴを使った思い出のスイーツ」対決が幕を開ける。ガチガチに緊張しながらも、なんとかスイーツ作りに集中しようとする椿だが、リポーターから矢継ぎ早に質問を投げ掛けられ、頭が真っ白になってしまう。

明かされる椿の過去……なぜ彼は、鹿楓堂にやってきたのか。そして、スイーツ対決の行方は!?