DeNAの牧秀悟

◆ 牧はのどの痛みと鼻水の症状

 DeNAは28日、京山将弥投手(23)と浅田将汰投手(20)、牧秀悟選手(23)と大和選手(34)の選手4名とチームスタッフ1名の計5名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表。

 このほか、伊勢大夢投手(23)が濃厚接触者の判定を受けたため、春季キャンプへの合流が遅れる見込みであることもあわせて発表した。

 陽性判定が出た5名のうち、京山と浅田は無症状。大和は発熱があったが、現在は回復しているとのこと。

 牧は現在ものどの痛みと鼻水の症状があり、スタッフ1名ものどの痛みを訴えているという。

 5名はいずれも27日に、春季キャンプに向けて実施したPCR検査で陽性が発覚。今後については、「所轄の保健所に報告し、対応について指示を仰いでいる」とした。