山口紗弥加が主演を務めるドラマ『シジュウカラ』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第4話が、1月28日に放送される。

同ドラマは坂井恵理による人気コミックを原作としたサスペンスラブストーリー。売れない漫画家・綿貫忍(山口)と、美しい青年・橘千秋(板垣李光人)による18歳差の恋が描かれる。

前回の第3話では、忍に近づいた千秋の狙いが明らかに。その豹変ぶりにSNS上では「想像を超えた展開」と大盛り上がり。千秋の様々な面を演じ分ける板垣に「恐ろしい才能」「期待せずにはいられない」「秀逸!」と絶賛されていた。

<第4話あらすじ>

綿貫家を崩壊させることが目的だったと告げた橘千秋(板垣)。綿貫忍(山口)と千秋の深刻そうな状況を目撃するも、それを何とも思っていない夫・洋平(宮崎吐夢)に、忍は不倫に気づいていたことを告げる。

そして洋平と寝室を離し、千秋とも距離をとることに。そんな中、とあるきっかけで忍は千秋の抱える闇の正体を知ってしまう。

壮絶な悲しみを抱える千秋と、現在進行形で傷ついている忍……二人の心が近づき始める。