見た目は変でも... 国王、実業家、俳優、多くの著名人に愛された魅惑的なマセラティ

1958年11月のある日のこと。イラン国王 レザー・パフラヴィーは、マセラティの重役であるオルシとアルフィエリに会い、新しいスーパーカーについて構想を語った。それは、レーシングカー450SのパワフルなV型8気筒エンジンを搭載し、3500GTのようなラグジュアリーなグランツーリスモが欲しいというものであった。マセラティは国王の要望を受け、史上最高の車ともいわれる5000GT(社内ではティーポ103と呼ばれた)を完成させた。

5000GTの心臓部は、エキゾチックなDOHC、ツインスパークイグニッションを備えた5リッターエンジンであった。最初の2台は450Sをわずかにデチューンしたものだったが、マセラティはこのエンジンを一般道で走ることができるように改良し、内部寸法を見直し、ノイズの多い競技用ギアドライブを通常のタイミングチェーンに置き換えた。さらに注目すべきは、450Sエンジンのウェーバーキャブレターに代わって、ルーカスの機械式燃料噴射装置が導入されたことである。少々複雑なシステムだが、この燃料噴射システムによってエンジンはより使いやすくなり、全出力帯域でスロットルレスポンスが向上したのだ。

【画像】見た目は変、いや個性的というべきか?ユニークな顔立ちのマセラティ(写真9点)

5000GTのシャシーは3500GTをベースに、パワーアップと重量増に対応するために専用設計された。ZF製マニュアルギアボックスとツインプレートクラッチが後輪にパワーを供給し、最新鋭のガーリング製ディスクブレーキが最高速度150mphを超える驚異的なスピードから車を減速させるのに役立った。

マセラティは1960年から1965年にかけて、アレマーノ、フルア、トゥーリング、ギア、ピニン・ファリーナなど8つのイタリアのコーチビルダーから、それぞれ個性的なデザインの5000GTを34台製造している。新車価格は14,000ドルというもので、フェラーリ 400スーパーアメリカに匹敵する高級車として富裕層たちの心を捉えた。フィアット社の社長ジャンニ・アニエリ、アメリカのスポーツ選手ブリッグス・カニンガム、イタリアの実業家フェルディナンド・イノチェンティ、俳優スチュワート・グレンジャー、サウジアラビアのサウド国王などが顧客に名を連ねている。

34台のマセラティ5000GTのうち、最も有名で魅力的とされているのは、ミラノのカロッツェリア・トゥーリングが製作した3台のモデルである。見た目こそ少々変わっているがこれらの壮麗なトゥーリング製5000GTは、しばしば "Scia di Persia"(ペルシャの王)と呼ばれる。これは最初に生産されたシャーシ103.002が1959年10月にイラン国王に新車で納車されたことに由来している。2台目のシャシー103.004は1959年のトリノ・モーターショーに出展され、1960年3月に南アフリカの最初のオーナーに販売された。マセラティの歴史家であるアドルフォ・オルシ氏が丹念に記録した、魅力的な歴史を持つモデルである。

1960年春に完成したこの5000GTは、1961年までマセラティのファクトリーに保管され、ヨーロッパの主要なモーターショーに出展されるなど、さまざまなプロモーション活動に使用された。また、3500GTに搭載された3.5リッター ツインカム直列6気筒エンジンに代わる新型の3850cc V型8気筒エンジンを搭載し、ティーポ104のテスト走行にも使用された。

そしてこの5000GTは、1960年3月のジュネーヴ・モーターショーで、ライトパステル・ブルーの塗装にホワイトレザーの内装でデビューを飾った。ワイヤーホイール、3本の水平トリムを持つクロムメッキのラジエーターグリル、フロントホイールアーチとドアの間にあるサイドマーカーランプなどを装備したオリジナルモデルである。

ジュネーヴの後、5000GTはマセラティの工場に戻り、アズーロ・ヴィンセンヌ(ヴィンセンヌ・ブルー)というメタリックブルーに塗り替えられ、ブラックのレザー張りに変更された。このとき、グリルが見直され、サイドマーカーランプが移設され、ヘッドライトはクロームメッキの楕円形プレートの上に置かれ、バンパーのオーバーライダー、ドアハンドル、ワイパーも異なるものが装着された。このように改良された5000GTは、1960年11月のトリノモーターショーに出展された。

マセラティがシャシー103.010の証明書を発行したのは、1961年5月であり、1961年モデルということになる。このとき5000GTは、マセラティ社を統括するオメル・オルシのいとこ、アントニオ・ウンベルティーノ・オルシが所有するモデナのフォンディエ・ディ・モデナに正式に売却されることになったのである。そして、この車はモデナで「MO 66158」として登録され、1961年6月3日、ハネムーンで使用するために結婚式の昼食会の終わりにアントニオ・オルシに贈られた。

その後、アントニオ・オルシと妻のクラウディアは、リミニで開催されたコンコルソ・デレガンツァに5000GTを出品し、ベストオブショウを獲得したと伝えられている。このとき、5000GTはすでにメタリックレッドにペイントされ、バンパーのオーバーライダーがフォグランプに変更されるなど、外観上の変更も加えられていた。

さらに1961年には、実験的なエンジンであったティーポ104が5.7リッターV型8気筒に、その後ルーカス初の燃料噴射式5リッターV型8気筒ティーポ103に変更された。そして1962年2月4日、ついに5000GTに現行エンジンであるフューエルインジェクション・ティーポ103 V型8気筒(型番:AM103.010)が搭載されたのである。

1962年8月、マセラティの工場長でアントニオ・オルシの友人でもあったアウレリオ・ベルトッキは、リミニで開催されたコンコルソ・デレガンツァにAM103.010を出展した。その年の11月、5000GTは、ボローニャのマセラティ公式ディーラーを務めていた元F1ドライバーのチェーザ・ペルディサに売却された。この車はすぐにペーザロのマリオ・ペルッキーニに転売され、'PS 31530'として登録されている。

1963年2月、AM103.010はイタリアの著名な脳外科医であるファビオ・コルメラに売却された。彼はすでに別のマセラティ5000GT、モンテローザボディのシャシー AM103.012を所有していた。当時、ボローニャとミラノのクリニックで手術をおこなっていたコルメラは、新しく買った一台を通勤に使い、200kmの距離を1時間足らずで走ったとされる高性能マセラティで通勤していた。彼は1964年秋までAM103.010を所有していたが、エンジンルームの火災によりファクトリーに返却されている。

1965年、ファクトリーでトゥーリングボディの5000GTを見たセルジオ・ペッテネーラ大尉は、当時レバノンに住んでいたサウジ王室のアブデル・マギン・ベン・サウド王子に代わり、マセラティにアップデートを依頼した。このとき、AM103.010はマセラティのファクトリーでさらに別の変貌を遂げた。グリル、エアインテーク、クロームサイドモールディング、15インチのボラーニ製ワイヤーホイールが装着され、エキゾーストシステムも新しくなるなど、外観が一新された。コックピットには、操作系、メーター、ステアリング・ホイール、助手席ヘッドレスト、フリギキング製エアコン、レコードプレーヤー内蔵の高級ステレオシステムなどが新たに組み込まれ、大きく生まれ変わった。また、マセラティはこの車をAM103.090と改番した。おそらく、旅慣れた5000GTがずっと新しい車であることを印象づけるためであろう。1965年11月に完成したこのアップデートカーは、13,000ドルで売却され、ベイルートの新しいオーナーのもとに送られた。

4年後、5000GTは当時のオーナーであるアラビアン・アメリカン・オイル・カンパニーの社員、キアラン・トンプソンによってマセラティ工場に戻された。その後、1975年にイアン・スヴァンバックというスウェーデンの愛好家が入手するまで、マセラティはモデナ地方にとどまっていた。彼の所有期間中、ボディワークはマットブラックに再塗装され、ローマの専門家が機械的なレストアをおこなっている。1970年代後半、スヴァンバック氏はピエモンテのボディショップの経営者であるジョヴァンニ・ジョーダネンゴ氏にマセラティを売却した。

1980年代、ジョヴァンニは5000GTをレストアし、ブルー・アカプルコでボディを仕上げ、バッサーノ・デル・グラッパで開催されたカロッツェリア・トゥーリング・スーパーレッジェーラの第1回大会に出場させた。その後、ミラノで2人のオーナーの手に渡り、1994年にモデナで開催された「マセラティ80アニ」に出展。さらにその後、5000GTはイタリアのコレクター、イゴール・ザニージに売却され、無鉛燃料での走行を改善するためにバルブシートを含むエンジンのリビルドを依頼された。

1999年以降、この5000GTはアメリカの著名なコレクションに収蔵され、コーチビルトのマセラティGTカーの中でも最も重要なものと共に存在している。アントニオ・オルシ氏が所有していた1961年末から1962年初頭にかけて、AM103.010を最もエレガントな姿に戻すことを目的に、この車の初期の歴史について多くの調査がおこなわれ、包括的なレストアが開始されたのであった。エンジンは、イタリアでのオーバーホール以来、ほとんど使用されていなかったためリビルトされていないが、ルーカス燃料噴射システムは、ミシガン州トロイの有名なスペシャリストによってオーバーホールされている。

AM103.010は、マセラティが1960年代に生産したGTの頂点に立つ、特別な車のひとつであることは間違いないだろう。その長く魅惑的な歴史が徹底的に記録されているという点も大きな魅力だ。まさしく"キング"に相応しい、素晴らしい車といえる。現在アメリカで開催中のオークションに出品されており、残り一日の時点で55万ドルの値が付けられている。予想落札価格は70万~90万ドルだ。果たして次はどのような人物のもとへ渡るのだろうか、イベントで見かける日もそう遠くはないだろう。