お笑い芸人初・クロちゃん本人の3DアバターNFTが販売開始「高騰するしん!」

安田大サーカス・クロちゃんの、「in3D」の技術を用いた3DアバターのNFTが、OpenSeaにてオークション販売される。

【写真】クロちゃんの3Dアバター

3Dアバター生成サービス「in3D」とは、GOODSIZE INC.が提供するスマホによる動画撮影でリアルなアバターを生成するサービス。アバター生成に加え、アバターに色々なアクション・ポーズをさせたり、3Dバーチャル試着をしたり、提携しているゲーム内で作成したアバターを利用したりすることができる。メタバース空間に人々を送り込むツールとして注目されている。

クロちゃんは「おそらくお笑い芸人で初めて、自分自身を3Dアバター化してNFTとして売るということで、クロちゃんが3DアバターNFTの基準になるんじゃないかなと!何事も1番最初が大切!みんなクロちゃんのNFTを手に入れて自慢するしんよ!高騰するしん!」とコメントしている。

なお、オークション開始価格は0.00096WETHで、オークション期間は2022年1月28日(金)AM10:00~2022年2月3日AM9:59(入札自動延長あり)となっている。また、3Dアバターが登場する短尺動画コンテンツを、クロちゃんのTikTokにて配信している。

【あわせて読む】クロちゃんが“激動の2021年”個人的ベスト3を発表「『水ダウ』引越ドッキリで家賃29万円に」