細田佳央太が主演を務める、総勢30名を超えるイケメンが登場する新ドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第3話が、1月29日に放送される。選抜メンバー候補たちが選抜イケメン大会に向けて本格的に動き出す中、気後れしていた池田龍馬(細田)。ある日、桜井カンナ(乃木坂46・遠藤さくら)のひと言でやる気を出すが……。

本作は、秋元康が手掛ける新感覚の「イケメン」だらけの学園ドラマ。個性豊かなイケメン高校生たちが「全国選抜高等学校イケメン大会」での全国制覇を目指して奮闘する青春コメディだ。

第2話では、選抜イケメン大会の選抜メンバー候補に選ばれた平凡な高校生・龍馬に対し、野上(田中偉登)が「辞退してバッジをよこせ」と要求。龍馬は素直にバッジを渡そうとするが、選抜候補を辞退すると退学になってしまうことを知る。

ある日、病院に訪れた龍馬は、野上が目に包帯を巻いた妹・幸奈(稲垣来泉)と一緒にいるところを目撃。妹とイケメン選抜候補に入ると約束しており、落選したことを伝えられず嘘をついている野上に、龍馬が話した内容は……。SNS上では龍馬と野上のやりとりに感銘を受けた人が多く、「その通り!」「龍馬こそ真のイケメン」「龍馬、なんて心がキレイなんだ」「人間顔じゃない!」といった感想が上がっていた。

<第3話あらすじ>

池田龍馬(細田)たち選抜メンバー候補は、朝練が始まるなど選抜イケメン大会に向けて本格的に動き出す。学園内では誰が選抜入りするか話題になる中、情報通の若林拓実(藤原大祐)は、最近動画配信で人気を集めてファンサイトまでできたという宇治原修(藤枝喜輝)が選抜入り確実なのではと予想する。

一方、周りのイケメンたちとは違う龍馬に興味を抱く桜井カンナ(遠藤)から、「池田くんが“イケセン”選ばれたらいいのに」と言われた龍馬は、自分も頑張ってみようと思い始める。帰宅後、美顔ローラーをコロコロしていると、そこへ妹の茜(長谷川百々花)が宇治原を担いで帰宅。なんと、空腹のあまり倒れてしまっていた宇治原を茜が偶然見つけ、連れ帰ってきたのだ。

ご飯を食べさせてもらい復活した宇治原を見て、改めてそのイケメンぶりを目の当たりにした龍馬は「“イケセン”に選ばれたい」と、宇治原に「動画配信のやり方を教えて欲しい」と懇願する。躊躇する宇治原だったが、龍馬の勢いに押されて教えることに。一人暮らしをするボロアパートに招き入れられた龍馬は、宇治原が実は貧乏で、格好悪いと思われてしまうから必死に隠していることを知る。

そんなある日、宇治原の貧乏写真がSNSで拡散されてしまう。今まで宇治原を応援していた女生徒たちの態度は一変し、さらに宇治原は校長室に呼び出されてイケセン候補脱落の危機に直面する……!