DB悟空の父バーダック最後の勇姿が40センチの超大型フィギュアに!

アニメ『ドラゴンボール』シリーズに登場するバーダックは、主人公・孫悟空の父親。『ドラゴンボールZ』のTVスペシャルで初登場したキャラクターで、その人気の高さから原作設定に逆輸入された。

今回、そのバーダックが全高約40センチの大型フィギュアになった。

『ドラゴンボール』シリーズは鳥山明の漫画『ドラゴンボール』を原作とするアニメ作品。主人公の孫悟空が成長してからを描く『ドラゴンボールZ』が世界中で人気となり、日本製アニメーションを象徴する作品の1つとなっている。

最初のアニメ化は1986年だが、2000年代以降に入ってからも『ドラゴンボール改』『ドラゴンボール超』とアニメが作られ続けている。

バーダックは孫悟空の父。『ドラゴンボールZ』のTVスペシャル『たったひとりの最終決戦』で初登場、後に原作にも逆輸入された。同TVスペシャルではボロボロに傷付きながらも、最後にフリーザに立ち向かっていく。

今回のフィギュア「ギガンティックシリーズ バーダック」はそのクライマックスの姿を再現したもの。

ボロボロになった戦闘服や傷のダメージ表現、不敵な微笑みも見事に立体化されている。

右手のエネルギー弾はクリア成型となっている。

全高約40センチ、マッシブな造形は部屋のどこに置いても確かな存在感を示すだろう。

『ドラゴンボール』、ましてバーダックのファンであれば見逃すことのできないアイテムだ。

>>>「ギガンティックシリーズ バーダック」の画像を全部見る(画像9点)

(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション