木村拓哉、竹内まりや「今夜はHearty Party」参加裏話! 最新アルバム制作での山下達郎とのエピソードも披露
住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」(毎週月曜~金曜 9:00~11:00)。1月25日(火)の放送ゲストは、木村拓哉さん。1月19日(水)にリリースしたセカンドアルバム『Next Destination』の制作秘話や、アルバムに楽曲を提供している山下達郎さんとの交流について話してくれました。

2年ぶり、自身2枚目となる木村さんのオリジナルアルバム『Next Destination』

1月24日(月)の週は、“リスナーがリスナーのお悩みに応える”「Blue Ocean」の人気コーナー「オトナのなんでも相談室」(毎週金曜放送)を1週間にわたって実施しています。

1月25日(火)の放送は、ゲストに木村拓哉さんが登場。今回は「オトナのなんでも相談室」スペシャル版として、木村さんのお悩み「移動中にどうしたら寝られる?」に、リスナーが応えていきました。

この記事では、番組後半のトークの内容を紹介します。

◆山下達郎さんとの出会いは?

2年ぶりのオリジナルアルバム『Next Destination』を1月19日(水)にリリースしたばかりの木村さん。今作には山下達郎さん、真島昌利さん、糸井重里さん、Creepy Nutsさん、鈴木京香さん、平井 大さん、Kjさん、MAN WITH A MISSIONといった豪華アーティストたちが制作に携わっています。

作詞を真島さん、作曲・編曲を達郎さんという夢のタッグで制作した「MOJO DRIVE」をはじめ、達郎さん提供の楽曲が3曲収録されています。

そんな達郎さんとの出会いは、達郎さんの妻である竹内まりやさんの楽曲がきっかけなのだとか。

まりやさんの25枚目のシングル「今夜はHearty Party」(1995年)をリリースする際、歌詞に「キムタクさえも かすむような男」というフレーズが入っており、名前を使ってもいいか確認の連絡があったと語る木村さん。

「『全然いいですよ、どうぞどうぞ』って言ったら、『ちなみにコーラスで参加してもらうのってあり得る?』って聞かれて。『俺でいいんですか?』ってスタジオにお邪魔したら、『あ、来たんだ』って感じで達郎さんがいて……。“なんだこのトラップは!”って思いましたね(笑)」と、達郎さんとの出会いを振り返ります。

そんな達郎さん、まりやさん夫妻は、木村さんのファーストアルバムのツアー「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」も観に来てくれたそうです。

終演後に楽屋で顔を合わせると、ライブ終わりの木村さんより興奮した様子の達郎さんは、「やっと木村くんの声が分かった! バリトンなんだよ、バリトン!」と話していたそうですが、突然の出来事にうまく言葉を返せなかった木村さんは、「じゃあ機会があったら達郎さん、曲をお願いします!」と“冗談”のノリで返したそうです。

当時は完全に冗談のつもりだったものの、それが今回の楽曲提供につながったと、アルバム制作の裏話を明かしました。

◆明石家さんまの書いた歌詞が…

木村さんのセカンドアルバム『Next Destination』収録楽曲「Born ready」の作詞は、明石家さんまさんが手がけています。2人が共演する正月恒例の特番「さんタク」(フジテレビ系)で、「お前また(アルバム)出すやろ? そのときは俺が詞書いたるわ」と言われたことがきっかけで、オファーをしたと言う木村さん。

受け取った歌詞を見た木村さんは、「さんまさんのことがずっと綴られているなぁ」と思ったものの、さんまさんいわく「お前のことを歌詞にしたんや」とのこと。

このやり取りを振り返った木村さんは、「なんか変な関係性ですよね。さんまさんは自分のことを歌詞にしてくれたのに、歌っている自分は『これ、全部さんまさんのことじゃん!』って思いながら歌ったんですけど、お互いがお互いのことを歌詞の中から感じ取った」と話すと、住吉は「だから仲がいいのかもしれないですね。共感しているなにか、中身があるということなのかもしれない」とコメント。木村さんは「かもしれないですね」とうなずきました。

番組では他にも、パーソナリティの住吉が司会進行をつとめたNHK紅白歌合戦での秘話などで盛り上がりました。ぜひ、ラジコでチェックしてください!

次回1月28日(金)の「オトナのなんでも相談室スペシャル」は、グローバルボーイズグループ・INI 西洸人さんがコメント出演します。お楽しみに!

<番組概要>

番組名:Blue Ocean

放送日時:毎週月~金曜9:00~11:00

パーソナリティ:住吉美紀

番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/bo/