高畑充希が主演を務める、2022年1月期の水曜ドラマ『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第3話が、1月26日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、ヒロイン・高梨雛子(高畑)が仕事や恋の無理難題を体当たりで乗り越えていく様子を通して、ひとりの女性として素敵に成長していく姿を描くお仕事エンターテインメント。

第2話では、レストランのリニューアルに向けて大忙しの雛子のもとに、大牙涼(志尊淳)が現れる。店名で悩む中、大牙の一言で、悩んでいたことがクリアに。どんどんと相談を持ちかけると、大牙はニヤニヤしつつ、決めたことに口を出すなと釘を刺す。雛子は佐々川知美(夏帆)に「ツンデレ男子ならぬ、ツンツン男子だね。いや、ツンツンツンくらいか?」とぶちまけた。

店がリニューアルオープンすると、徐々に客が入るように。後日会った浅海寛人社長(松田翔太​​)は、「ビビッときたんだよ。キミにね……まぁ頑張って」と雛子の頭をポンポンと叩いて去っていった。ネット上では、大牙のツンツンツン男子ぶりに「可愛い」などの声が。浅海社長の頭ポンポンには「キュンすぎる」​とのコメントがあった。

<第3話あらすじ>

仕事か恋か……どちらかを選ぶのではなく、仕事と恋を両立するのが当たり前だと言われてしまう時代に、仕事にかまけて恋を6年休憩中の雛子(高畑)。そんな彼女の前に、高校時代の同級生・加賀美(浅香航大)が現れた。

高校時代、雛子に思いを寄せていたという加賀美は、グイグイ雛子にアプローチ。雛子は久しぶりの恋のはじまりに、ウキウキした気分を隠せない。

時を同じくして、浅海はレストランのチェーン展開に向けて準備を進めるよう雛子に指示。大牙の提案もあり、パティシエ志望の萩尾慧(松岡広大)がスイーツコンクールに出品することになる。萩尾のフォローやその他の社長業務に加え、加賀美とのデートをスケジュールに組み込んだ雛子は、崩壊寸前!

さらに浅海と親しいコンサルタントの桧山凛々子(優香)の存在も、なんだか気になってしまい……。社長業と恋の両立に挑んだ雛子の運命や、いかに?