チェルシーとトッテナムが対戦した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第23節が23日に行われ、3位チェルシーと6位トッテナムが対戦した。

 チェルシーが直近のリーグ戦4試合で勝利から遠ざかる一方、2連勝中のトッテナムはアントニオ・コンテ監督就任後のリーグ戦無敗を維持。トッテナムと4試合消化の多いチェルシーの勝ち点差は「8」となっており、チャンピオンズリーグ出場権争いの行方を左右する大一番となった。

 チェルシーは18日に行われたブライトン戦(1-1)から先発を2人変更し、4バックを採用した。一方、19日のレスター戦で劇的な逆転勝利を収めたトッテナムは、同試合からスタメンを4枚入れ替え、殊勲のステーフェン・ベルフワインが先発に抜擢。エリック・ダイアーも3週間ぶりのスタメン復帰を果たした。

 試合は序盤からホームのチェルシーが押し込む展開となるが、チャンスを生かし切ることができずにゴールが遠い。対するトッテナムは40分、セセニョンのグラウンダークロスをボックス中央で収めたハリー・ケインがネットを揺らす。しかし、トラップの際に相手DFチアゴ・シウヴァを押したとしてファウルとなり、ゴールは認められなかった。前半はお互いに得点が生まれず、スコアレスで折り返す。

 試合の均衡が破れたのは後半開始早々の47分、チェルシーが先制する。カラム・ハドソン・オドイが左サイドからドリブルでペナルティエリア手前まで運び、右のハキム・ツィエクに展開。ツィエクはミドルシュートを選択すると、シュートは弧を描いてゴール左上隅に吸い込まれた。

 55分、チェルシーがリードを広げる。左サイドで獲得したフリーキックからメイソン・マウントがゴールに向かうボールを供給すると、チアゴ・シウヴァが頭で合わせてゴール右下に流し込んだ。

 その後のチェルシーは集中した守りを続け、トッテナムの反撃を許さない。試合はこのまま終了し、逃げ切ったチェルシーが完封勝利を収めた。チェルシーはリーグ戦5試合ぶりの白星となり、トッテナムにシーズンダブルを達成した。トッテナムはリーグ戦10試合ぶりの黒星となり、コンテ体制ではリーグ初の敗戦となった。

 チェルシーの次戦は2月5日に行われ、FAカップ4回戦でプリマス・アーガイルと対戦する。トッテナムは同日にFAカップ4回戦でブライトンと対戦する。

【スコア】
チェルシー 2-0 トッテナム

【得点者】
1-0 47分 ハキム・ツィエク(チェルシー)
2-0 55分 チアゴ・シウヴァ(チェルシー)

【スターティングメンバー】
チェルシー(4-2-3-1)
ケパ;アスピリクエタ、T・シウヴァ、リュディガー、サール;ジョルジーニョ(73分 カンテ)、コヴァチッチ;ツィエク(90+1分 サウール)、マウント、ハドソン・オドイ(87分 マルコス・アロンソ);ルカク

トッテナム(4-4-2)
ロリス;タンガンガ(57分 スキップ)、ダイアー、D・サンチェス、B・デイヴィス;ドハーティ、ホイビュルク、ウィンクス(89分 B・ヒル)、セセニョン(56分 ルーカス);ベルフワイン、ケイン