レアル・マドリードとエルチェが対戦した [写真]=Getty Images

 ラ・リーガ第22節が23日に行われ、レアル・マドリードとエルチェが対戦した。

 両者は20日に行われたコパ・デル・レイ4回戦でも対戦し、延長戦の末にレアル・マドリードが準々決勝に進出した。同試合からレアル・マドリードは先発メンバーを7枚入れ替え、エデン・アザールらがスタメンに名を連ねた。

 序盤から主導権を握るレアル・マドリードだが、なかなか決定機を生かすことはできない。32分にはヴィニシウス・ジュニールが倒されてPKを獲得するが、キッカーのカリム・ベンゼマがまさかの失敗。枠を外してしまい、先制とはならなかった。

 すると42分、エルチェが先制する。左サイドからフィデル・チャベスがピンポイントのクロスを送ると、ゴール前のルーカス・ボジェが頭で合わせて押し込んだ。前半はエルチェの1点リードで折り返す。

 追いかける展開のレアル・マドリードは58分にアクシデントが発生する。ベンゼマが左のでん部の辺りを押さえながらピッチを後にし、ルカ・ヨヴィッチと交代した。

 早く追いつきたいレアル・マドリードはトニ・クロースとの交代でロドリゴを投入するなど攻勢を強めるが、なかなかエルチェの守備を崩し切ることはできない。71分にはペナルティエリア左でルカ・モドリッチのパスを受けたヴィニシウスが右足を振り抜くが、シュートを枠に飛ばすことはできない。

 耐える時間が続いていたエルチェは、76分に大きな追加点を獲得する。敵陣中央で相手2枚をはがしたボジェのパスにペレ・ミジャが抜け出し、ペナルティエリア右に侵入。右足を振り抜いてゴール左下隅に突き刺した。

 3点が必要となったレアル・マドリードは78分、ルーカス・バスケスの右コーナーキックにカゼミーロが頭で合わせるが、クロスバーに嫌われる。それでも82分、相手のハンドでPKを獲得。キッカーを務めたモドリッチは相手GKの逆を突いてゴール右に流し込み、まずは1点を返す。

 さらに後半アディショナルタイム2分、レアル・マドリードが試合を振り出しに戻す。左サイドからヴィニシウスが折り返すと、攻撃に参加していたエデル・ミリトンが頭で押し込んだ。

 試合は引き分けに終わり、レアル・マドリードの公式戦連勝は「5」で止まった。エルチェはリーグ戦3連勝を逃したが、4戦無敗となった。

 レアル・マドリードの次戦は2月3日に行われ、コパ・デル・レイ準々決勝でアスレティック・ビルバオと対戦する。エルチェは次戦、2月5日のリーグ戦でアラベスと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 2-2 エルチェ

【得点者】
0-1 42分 ルーカス・ポジェ(エルチェ)
0-2 76分 ペレ・ミジャ(エルチェ)
1-2 82分 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
2-2 90+2分 エデル・ミリトン(レアル・マドリード)